« 下町で酔っ払う (1) | トップページ | 下町で酔っ払う (3) »

2005/01/24

下町で酔っ払う (2)

「埼玉屋」

「宇ち多゛」を出て駅前のお肉屋さんでテッド氏が、お土産用にコロッケとメンチカツを買っていました。ここのは冷めても美味しいとのことです。小生は前回ぽんこと一緒に来た時、ここでハムカツを1枚だけ買いそこで立ち食いしました(笑)
そんなのも楽しいですよね。しかし何故ハムカツだったかというと、ぽんこがハムカツ研究をはじめたからです(^o^)

V6010226-cさーて、次なるお店は東十条にある「埼玉屋」です。ここもモツ焼きのお店です。
開店は4時からで、到着したのが10分ほど前。ここは並ぶことはないようですが、早めに行かないとなくなる品もあるそうです。しばし待って開店と同時に入ります。
さて飲み物ですが、ここには生ホッピーがあります。実はホッピーには去年の春からうるさい小生です。なぜかと言うと、横浜の野毛というところにある「ホッピー仙人」というお店の影響なんです。ホッピーを語る際には是非ここを訪れてください。目から鱗どころか、金銀財宝まで出てきます(笑)
このお店の話はまた別の機会にすることにしますが、とにかく小生はお店にホッピーがあればそれを頼むのが良しとしている訳です。テッド氏はウーロンハイです。感化させるには、まだ時間がかかりそうですf(^^;)

というわけで、まずは息子さんと思しき方が焼き方の様です。「初めてなので(わからないので)お願いします。」と断っておきました。妙に知ったかぶりして失敗するより、いいかと思います。
「ではまづサラダはいかがですか?」ここはモツ焼きなので、肉ばかりになってしまうのでお奨めしているとのこと。ではまづそれをお願いしました。小さめのどんぶりにクレソンがたっぷり入ってます。その下には大根の拍子切りが入っているシンプルなもの。しかしクレソンはスーパーで買うと高いですよね。実は小生のメイン住居の西伊豆にはクレソンが自生しているところがあり、必要に応じて採ってきて使います。テッド氏もそれをしっていますから、今度それを持ってきてあげよう!などと冗談とも本気ともつかない話もしておりました。あと、2,3回来て、少しは気心が知れたらお土産に持ってきてあげるのもいいかもしれませんね。
さて焼物はレバーからです。ここも若焼き。さっと表面をあぶっただけです。甘みを味わって欲しいとのことで、塩のみさっと振ってあります。「宇ち多゛」より小さめですが、ここのも美味しいですね。次に「上モツ」です。うん、柔らかく処理されてます。浅草の「うまいち」のテッポウもやわらかいのですが、小生はこちらの方が好きです。やわらかさの具合は似ていると思うのですが、なんか味わいが違いますね。「上モツ」は大腸ですよね?テッポウは直腸ですからその違いでしょうか?それとも体調でしょうか?ウデでしょか?
そうこうすると常連らしい若者が数人入ってきました。あとからも来て総勢10人くらいになるそうですが、カウンターの向かい側を端から順に座ります。たちまち賑やかになりました。全員男性で外国の方も1人います。格好からすると音楽系の仲間のように見えますが・・・?

さて焼き方も親父さんに代わってさらに何種類か食べたのですが、しっかり全て覚えてません(^^;
「チレ」「ハツ」「シャモ」・・・んー???(笑)
で、後半気になったのですが、ちょっと塩がきついですね。もう少し抑えたほうがいいかな?
生ホッピーとウーロンハイがそれぞれ3杯づつ。串焼き16本。(1本130円)サラダ3つで5200円くらいでした。
正直な感想としては、もう少し安いといいなぁ・・・。

|

« 下町で酔っ払う (1) | トップページ | 下町で酔っ払う (3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/2683674

この記事へのトラックバック一覧です: 下町で酔っ払う (2):

« 下町で酔っ払う (1) | トップページ | 下町で酔っ払う (3) »