« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/19

横須賀

銀次

V6010054

今年になって2度目の横須賀です。目的のお店は銀次ですねー。
店の建物はもうどれくらいたっているのでしょう?古い宿場町にあるような味わいたっぷしの酒場です。
きょうは2人連れなので、カウンターは遠慮してテーブル席にします。って本当はカウンターが空いてれば座りたかったのですが、あいにく一杯でした。きょうは雨だったから、空いてるかなって思ってたんですが、ね・・・。
しかしここの店員さんは相変わらず素早すぎる。まだ座りもしないうちからお通しの小皿2つをテーブルに置き、何飲みます?と聞いてくる。初めてきてメニューを知らなければ困ってしまいますね、きっと(笑)
小生はいつもどおりホッピー。相棒はキリンビールです。ホッピーは瓶ごと出され、ジョッキには焼酎が2つ目の星までで、基本的に氷なしです。氷入りで注文すると、あとで「なか」を追加しやすい量になります。
さて、今日は気になっていた海鮮サラダを頼んでみました。レタスの上に、ゆでた海老、サーモン、イカ、たこだったかな?が2切れづつ。前菜って感じで、最初の一品にはいいかもしれません。さらに湯豆腐、あじフライ、大根煮、飲み物をそれぞれ追加し、さらに熱燗1本。しめて4000円丁度でした。
きょうも心地よくなってしまう銀次ではありました。


忠孝(ホルモン焼き)

2軒めに入ったのが、初になる忠孝のホルモン焼きの方のお店。このお店、もう一軒串焼き屋さんがあるのですが、そちらは1度行った事があります。しかし店員さんが今時の若い子ばかりで、店員同士のおしゃべりが忙しくてお店の雰囲気が台無しでしたね。残念!

さてこちらの方は縦に長いつくりのお店で、入るとまず靴をぬぎ板の間にあがる形になります。右手がカウンター。左にテーブル席が3つほどあったでしょうか。我々はカウンターに陣取り、例によりホッピーと瓶ビールです。お肉はミックスともう一品(失念)を注文。ほどなく低めに抑えられた七輪のごときものが運ばれてきます。おーまっかっかに火がおきてますね。
コプチャン(だったかな)がうまいです。あとは・・・忘れた(爆) うまいのでコプチャン?を追加して、なんだか酔っ払いモードになっていった様です。帰り際、ドアの開け方に手こずってしまい、引き戸をぐいぐい手前に引っ張っていたようですよ。勿論壊しはしなかったが、お店の人がイヤな顔したらしい・・・が、酔っ払ってしまっているので、しらんもんね(爆)!
でも美味しかった!2500円くらいだったでしょうか?


番外編

この日銀次へ入るまえ、あるパン屋さんへ寄ってみました。
看板には「元祖フランスパン」とあります。懐かしい甘食もあるし、クリームパンやカレーパン、コッペパン・・・。
相方はクリームパンがたいそう好物だったので、すかさずオーダー。あとはやっぱり横須賀なのでカレーパンと3色パンと元祖のフランスパンを所望しました。
3色パンはあん、クリーム、ジャムです。問題の元祖フランスパンですが、通常ならバゲットを思い浮かべますが、これが全然違うのです。百聞は一見にしかず!写真の左がそれです。ふんわり柔らかくて、甘くて、このまま包まれて眠ってしまいたい、なんて思わせるような食感でした。元祖!これがフランスパンなのでしょうか?
も一つの写真はクリームパン。小生たちが買った直後売り切れました。人気なの?
V6010055V6010060

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/02/04

ある夜の話

紺屋

ちょっと胃の具合が良くないようですが、でもこれって気のせいが半分くらいあるのです。
ストレスかな?気分も変えたいので、ちょっと出かけてみましょう。しかし今夜はあまり深追いせず、早めに帰宅するようにしましょうね。
というわけで、久しぶりの藤沢です。地下にあるお店ですが、立ち飲みで割りに雰囲気のいいお店があります。そこへ行ってみました。2回目になります。カウンターのみです。夕方から飲み屋になるのですが、昼間は立ち食いのお蕎麦屋さんのようです。
まづは生レモンサワー(250円)を頼みました。生とあるだけに、生のレモンをスクイザーで絞って作るサワーです。さてつまみは何をたのみましょうか?生タコっていいかけたところで、お店のお姉さんから、まづは前菜を頼んでくださいといわれました。実は以前も来たのですが、システムをよく理解できてなかったようです。いわゆるお通しにあたる前菜を最初に1品(210円)、選ばなくてはいけません。その日ごとに3種類ある中から頼むのです。
ではと、ベーコンと春雨の炒め煮にしましょう。カウンターの上にある大鉢からとりわけ、チン♪して出してくれます。
えっとタコは・・・もういいや。では気になった、ふきのとうとタラの芽の天ぷら盛り合わせ(250円)をたのみましょう。
安いですね。ビールの大瓶も400円、日本酒も270円(高清水)から各種あり、焼酎もサワーも大概の好みに合うものが揃ってます。というわけで次に高清水の熱燗と、おでんの大根と自家製つみれをたのみましょう。
お客さんはほとんどが常連さんで、皆さん顔見知りの方々同士が多いようです。お店のお姉さんとも仲良しって感じですね。このお姉さん、どうも中国のかたのようです。そういえば前回来たときにはマスターと言った感じの50くらいの男性がいたのですが、今日はいません。うーん、どんなお店なのかなここは。素性がはっきりしないなぁ・・・。

鞠屋

さて大船へ移動してみます。ココにも気になっていた立ち飲み屋さんがあります。しかしいつも一杯で入れなかったお店。今日も一杯ですね。少し付近を徘徊してみて、また行ってみました。丁度1人でてきたところです。よし!
しかしまだまだ混んでますねぇ。かろうじて入り口すぐのところがやっとひとり分空いてます。お邪魔します♪L字のカウンターがあるだけで、小さなお店です。
ん?そうかぁ。このお店先ほどの紺屋と同じ系列のお店ですね。メニューや値段が同じです。外の看板にはおそばの文字もありました。お姉さんもやはり中国系のひとのようです。焼肉屋でいえば「大衆焼肉」と同じようなチェーン店なのでしょう。お客さんも同様で、みな、顔なじみの様です。
ま、いいか。先ほど気になったハイサワーを頼みましょう。今度はお姉さんがまず前菜を1品注文してくださいと教えてくれます。新参者はすぐ分かるようですね。前菜のメニューは紺屋とは違っていました。このあたりは各店でオリジナリティーがあるようです。そうえばここには天ぷらがないですね。代わりに串揚げがいろいろ揃ってます。小生同様な新参者と思しき方があと2人くらいいます。その方が串揚げを頼んだので便乗します。めごちと玉ねぎ。2種類以上の注文になります。するともうひとりの方もイカと玉ねぎを注文します。ソース、抹茶塩などで食べます。しかしこのとき小生もうっかりしてまして、持ってきてくれたものをそのまま食べました。が、ん?これイカだよ?小生はめごちを注文したはず・・・。するとイカを注文したひとのところへ丁度めごちが届いたところ。ありゃ、お姉さん間違えたね。しかし小生ももう食べちゃってます。失礼失礼てことになり、すかさずお姉さんも、めごちを作り直してくれました。
そのあとおつまみ3点盛り(250円?)を、また最初に串揚げを頼んだひとが注文しました。見るとかつおの酒盗、明太子、白菜漬けが乗ってます。安くて美味しそうです。すると串揚げを間違えた先ほどの人も注文しましたので、小生も便乗です(笑)。しかし明太子はもう品切れとのことで生わさび漬けになるようです。うん、いいです♪しかし妙な連帯感の新参者3人。お互いこの連鎖反応に笑ってしまいました!!

大船にも焼肉大衆があります。しかし先ほどの述べた焼肉大衆とは別のお店です。しかし、ホッピーもあり、ジンギスカンもあり、値段も破格です。ここで〆て帰ろうかなと思ったのですが、胃がカンペキでなかったので、焼肉はやめておきましょう。そのお店の前に蔵という居酒屋さんがあります。一度4人で焼肉大衆の後に入ったお店で、そのとき酔っ払っていたのでよく覚えてません。悪い印象はなかったので入ってみましょう。
大きなカウンターがコの字型にあり、その奥が厨房です。飲み物は焼酎のお湯割りにします。何か入れるかと聞かれましたが、そのままにしました。梅をいれても良かったかな・・・。
お酒類は大瓶がたしか500円?焼酎やサワーが350円くらいです。つまみ類も450円くらいが多かったです。

お店は40代後半くらいの大将と、奥さん?で切り盛りしているようです。最初奥に1人だけしかお客さんがいなかたのですが、すぐに3,4組に方々が入ってきました。ひとりの方は半分くらいの割合です。
おでんを注文してみましょう。3品で450円です。大根、はんぺん、そして・・・スジと言ったところで、スジは牛?と聞くとそうらしいです。すみません、魚のスジが食べたかったので、里芋の油揚げ包みにしました。最近魚のスジはあまり見かけなくなりましたか?昔子供のころ、我家のおでんにはこのスジが必ず入ってました。たまに見かけて食べるのですが、機械のすり方の技術が向上してしまったのか、なめらかすぎてしまいます。もっとごつごつした食感だったと思うのですが、これも時代でしょうか?あー昔のスジを食べたいですね。

番外

帰り際、ゲームセンターへ寄ります。クレーンゲーム♪
ここはマイクをつけて、しゃべりながら走り回る元気なおねいさんがいて、ねぇ・・・と頼むとかなりきわどいところまで、取りやすくしてくれます。今日はお菓子コーナーが大安売りのようですが、小生は相変わらずぬいぐるみ狙い。今日はプーさんです。途中余計なものも狙いましたが、結局1200円でこれだけ獲得しました(爆)
V6010261-c

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/02

久々の・・・

福田フライ

1月中は結局来れなかった、野毛。12月もたしか前半に来ただけだったので、1ヶ月半ぶりでしょうか。
まずは、小生が酒場めぐりを趣味とするきっかけともなったお店、「福田フライ」へ行ってみましょう。立ち飲みのフライがメインのお店で、かなりの歴史があるようです。
小生が通いだしたころの平日は、おばちゃん一人で切り盛りしていたのですが、昨年板前の息子さんもこの店をやるようになりました。それに合わせて店内も少し改装し、カウンターがひろがり、トイレもつき、全体に明るくなりました。以前のちょっとうらぶれた感じも良かったという意見もあるようで、賛否は分かれるところかもしれません。メニューもお刺身類が充実し、日曜日のみのメニューだった鉄板焼きもレギュラーメニューとなりました。串揚げメニューはほとんど変わってません。
さてまずはキリンビール(650円)です。刺身を最近1品取るようにしていたので、きょうはマグロ(500円)を頼みます。中トロの感じで美味しいですね。揚げ物はなすとたまねぎ(共に70円)を普通のソースでいただきます。ここは他に、にんにくと醤油がベースの辛いソースがあります。
まだビールが残っていたのですが、寒いので熱燗(380円)もたのみました。ビン入りのお酒でその場で栓をあけます。レバーも揚げてください。ソースにしようかと思ったら、塩がいいよおばちゃんがというのでそうしました。やわらかくておいしい♪
今日は暇なようで、そのうち他にお客さんがいなくなっちゃいました。おばちゃんや息子さんとお話しながらのんびり飲んでました。ほかに串かつ(120円?)、ポテト(70円)それとおまけに出してくれた、まだらの子の焼き物をすこしいただきました。あ、お客さんがいらっしゃいましたね。さて、ではそろそろ・・・。また来ます。ご馳走様!!

ホッピー仙人

ちょうど6時を少し過ぎたところです。これまたすっかりご無沙汰してた「ホッピー仙人」へいきましょう。以前約束してた「自家製アジの開き」をお土産にもってきてます。
都橋商店街というところにあるお店です。大岡川沿いにあり、川のながれに沿ってすこうしカーブして立っている、時代を感じさせる2階建ての商店街です。商店街とは言っても大半は飲食店で、そこの2階にお店はあります。しかし全体的にバーやスナックが多く、知らないとどこのお店も入りにくいですねぇ。ホッピー仙人も同じでだと思いますが、去年某サイトで知り、行ってみたお店です。その後ネットの力であれよあれよと言う間に有名になり、いまや地元テレビやラジオ、雑誌なので取り上げられるほどブレイクしています。
さてお店に入ると、奥に女性がひとりいらっしゃいました。お初です。お店はカウンターだけで7,8席くらいしかなく、お客さん同士は自然に同じ会話で盛り上がります。3人でしばらく楽しいく語らっていて、関内の立ち飲み屋さんの話になりました。最近はすっかりおしゃれな立ち飲み屋さんが増えましたね。小生としては福田フライの様に、古くて味わいあるのが好きですが、でも興味があります。あとで行ってみよ♪
女性はこれから職場の歓送迎会があるとかで、先にかえりました。マスターの仙人さんと2人になったので、ちょっとシビア?な話もしたりしてました。
実は仙人さんは昼間はサリーマン。夕方6時から仙人に変身するのです!仙人さんは人柄のいい、素敵なアニキって感じの人です。年齢は別として、小生的には「ヒロシ」に似ていると思うのですが・・・?
シビアな話もひとしきり終わる頃、そしてきょうはどこも人出がすくないのかな?と思っていると、そのうち立て続けに数名の方がいらっしゃいました。ではここらでお暇しましょう。先ほど教えてもらった関内の立ち飲み屋さんへまわってみましょうか・・・。
お先です!


お知らせ:この記事に対して、スパムコメントが多いため、この記事のみコメントの受付を中止しています。
      他の記事では可能です。ご了承ください。(2009,03,10)

| | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »