« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/25

由比と清水

平成17年8月24日

静岡の地酒を知りたくなり、少し調べてみました。思っていたより沢山の酒造所が静岡県にいはあるんですね。きょうは2、3箇所に絞って回ってみましょう。

まづ行き着いたのは由比です。ここは桜えびで有名ですね。お昼はそれを食べようと密かに計画しつつ、英君酒造をめざします。
車で1号線のバイパスを降りて由比の町へ入るか否かのところで、1本の煙突を発見。行ってみると果たしてそこも酒造所でした。
V6010101
「正雪」というお酒を作っている、神沢川酒造場。さっそく尋ねて、純米酒の4合瓶を1本入手します。純米吟醸もあったのですが、最初から買い込みすぎるのも、と思いとどまりました(笑)
さて由比の町へ入ると、そこは意外と面白いところでした。海と山にはさまれた細長い町なのですが、かつての宿場町であり、本陣跡が綺麗に整備されています。そしてその周りに当時の家並みが多少残されていて、染物のお店や、和紙のお店や、名物桜えびを中心にした物産店やら食堂やらがあり、けっこう楽しめます。丁度お昼になったので、小生たちもここで昼食にしましょう。かき揚、生桜えび、手打ちそば、桜えびご飯がついた定食と、釜揚げの桜えびがたっぷし入ったおそばとをいただきます。つまり桜えびを生、釜揚げ、かき揚と3種類の食べ方で堪能できたわけです。本当は1杯やりたかたのですが、車ですから仕方ありません。。

V6010107
さて、お目当ての英君酒造を目指しましょう。山の方へむけて5分も走ったところにあります。酒造所のすぐ手前にに超レトロな簡易郵便局を発見!なんかいいですねぇ。

英君は実は野毛のお店「お秀」さんで教えていただいたお酒です。本醸造は先日呑んだのですが、今回は純米酒を呑んでみたかったのです。小生、本来日本酒は純米なハズと思っているので、基本的には純米を呑む方なんです。
さて英君の純米酒なのですが、実は先日、沼津の酒屋さんにそれを注文してありました。ところが酒造所の方にそれを話すと、その酒屋さんには最近純米酒は注文されていないとのこと。そこで酒屋さんに問い合わせてみると、まだこれから発注するらしいです。ならばということで、酒屋さんへの注文はキャンセルしてここで買って行くことにしましょう。
V6010110
純米酒を1升瓶で買おうかと思ったのですが、いろいろ試してみたいので、特別純米と純米吟醸の4合瓶をいただきました。ところで何か試飲はできないんですか?と聞くと丁度いま開いているのがあるからと、大吟醸(名前失念!英君ではない名前です)を味見させていただきました。んーさすがに美味しい。本当は見学もしたかったのですが、ちょうど別の方の見学の予約が入ってしまい、今日は無理とのこと。残念でした。
V6010115


さて、お次は・・・?
このまま山をゆけば富士宮へでて、冨士錦酒造へいけます。また海沿いを西に走れば清水の三和酒造です。しばし悩んだのですが、冨士錦は小生の定番ですので新たな酒を求めようということで、清水へ向かうことにします。
東名清水インターから程近いところに、その三和酒造はありました。
事務所に入るとパンフレットとともに、種類を説明してくれます。ついでに日本酒度とはという簡単なレクチャーをうけ、すこし知識もふえました♪で結局買ったのは、臥龍梅の純米吟醸<生原酒>と羽衣の舞の純米酒の4合瓶です。
で、ここでステキな催しのパンフを発見。「駿河路酒メッセ」
楽しそうな催しだけど、小生は行けないだろうなぁ。。。
V6010122


さて家にたどり着き、夕食とともに試飲会です。今夜は5本のお酒を味わえるんですよ(じゅるる)
微妙なところまではわかりませんが、単に好みからいうと臥龍梅の生原酒が一番追美味しかったです。英君は吟醸より普通の純米の方がいいですね。これは酒造所の方も仰ってました。値段も吟醸の方がすこし安いです。変なの(笑)

V6010116

まだまだ静岡の地酒はいっぱいあります。今後もまた機会あるごとに味わってみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沼津でホッピー

平成17年8月23日

ハッピー食堂 田中

V6010092
沼津でホッピーを呑めるお店、第二弾。先日は「二光」で感激しましたが、ここはどうでしょうね。
駅の南口からほどないところにこのお店はあります。

V6010095
お店に入るとホッピーの貼り紙が目につきます。いっぱい貼ってありますね。ん?でもよく見てみましょう(笑)お店の名前も入ってます。


V6010093
カウンターにはお店のロゴ入りTシャツを着たひとがでんと座ってます。その後ろのテーブル席で我々が話していると、すぐに振り返り気さくにお話ししてくれます。どうやら店長ですよ。この人のお陰で、お店の雰囲気は明るくてとてもフレンドリーなんです。

さて早速ホッピーを注文します。氷なしのグラスに、レモンの小片とともに焼酎が入ってます。ホッピーは瓶ごと別添えです。ジョッキは冷えてますが、3冷もどきといったところでしょうか?焼酎は大樹氷とのことでした。しかし、三島、沼津ではレモンがついてきますね。ま、これは好みなんでしょうが、小生はないほうがいいかも。レモンの話も店長としたら、2杯目は別添えにしてくれました。
またホッピーを別添えにするのも、その人によって濃さを調整できるようにとのことでしたが、このあたりは・・・f(^^;)せっかくホッピーが飲めるお店としていて、ホッピーに力をいれている感じに取れるのだから、きっちり3冷で出してくれるともっといいんだけどなぁ・・・f(^^;)

ところでここの店長(34,5歳)といろいろ話してみると、地域の発展を考えている方でした。店長が考えているという、沼津の近い将来の夢の構想をいっぱい詰めた、絵地図を見せてくれました。かつて沼津駅から沼津の港湾まで走っていた「蛇松線」という鉄道線を復活させたり、港をヨットハーバーにし、ホテルを建てリゾート化したり、渡し舟や飲食店街を充実させたりと、夢を詰め込んだ地図は魅力があります。保守的な老人達の、私利私欲で考える都市計画はいつもおざなりです。こうした若い方々が自分の住む街を愛して、将来の展望を考えていくのは大変好感がもてます。陰ながら応援したいですね。

この店の目玉である「あぶり鳥」も美味しくいただき、今日はこれにて失礼します。ぽんこも大分いい気分みたいです。
ホッピー(400円)を4杯、空芯菜の炒め物(550円)、あぶり鳥(850円)で3000円ちょうどでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駅呑み

平成17年8月23日

沼津駅

中島みゆきの歌に「ホームにて」というのがありますが、ホームにて立ち呑みという分野を模索したくて沼津駅へ入場してみました。
実は前々から狙っていたのですが、これが出来る駅をあまり知らないんです。
駅の売店で缶ビールやカップ酒を買って呑むというのではなく、駅そばのようにちゃんとスタンドになっていて、おつまみもそれなりにある、駅のホームの立呑み屋さん。よくある地下のコンコースの、小じゃれたお店でもいけません。
電車の匂いと、駅員のアナウンスと、乗降客でざわつくホーム。そこでほんのちょっとの旅情を感じながら、一杯の至福を味わう。これですよ!(笑)
実は大船駅のホームにもあったのですが、先日行ったらどうも最近やってない・・・らしい。他に知るところでは名古屋駅の「どえりゃあ亭」というのがあるのですが、そこまではちと遠いですね。探せばまだまだあるのでしょうが、情報不足です。関東、東海あたりでご存知の方があれば、ぜひ教えてください。


さて、JR沼津駅3番、4番線ホーム。売店、立ち食いそば、そして立呑みのお店と並んでます。おお、すでに数人の方がやってますね。何人かは常連と言った感じで、お店のおばちゃんとも世間話をしています。みなさん通勤途中にちょっと引っ掛けるのでしょうか?とにかくさっそく我々も参加しましょう(笑)
生ビールの小、酒、サワー類がいずれも280円。つまみは冷奴や、ところてん、味噌田楽、枝豆、焼き鳥、タコヤキ等々、100円くらいからあります。他にもホッとドックや、「復活!テリヤキドック」なんてのもありました。営業は朝8時から夜10時まで営業なので、時間によってはコーヒーとドックで軽食を取る方が多いのかもしれません。
ぽんこと「生の小」を1杯づつと、味噌田楽(2本で120円)を頼み、駅呑みを楽しみました。きょうは他へも回るので、一杯だけでお暇です。入場料140円をくわえて、2人で960円でした。また来ましょう♪
V6010081CA240022V6010082

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/08/03

英君

8月に入り、仕事も忙しくなるハズ・・・なんですが、この日もまた午後からぽっかり時間が空きました。
所用を済ませるため、一山越えて町場をうろうろします。さすがにこの日は外酒(?)は出来ないので、美味しいお酒を買ってベランダで七輪BBQでもしましょうね。
先日、野毛のお秀で、静岡の美味しい日本酒を教えていただきまして、まずはそれを入手します。「英君」というお酒。どうやらメロンの様な香りがするそうです。でもなかなかこれを置いているお店がありません。これまた教えていただいたHPで調べてみると、沼津に1軒だけ扱っているお店がありました。以前にも3,4度寄ったことのあるお店ですね。さっそく寄ってみたのですがお目当ての純米酒はなく、特別本醸造のみでした。残念!日本酒は基本的に純米酒を選ぶ方ですが、しかしとにかくそれを1本購入(2171円)。またこのお店は焼酎に力をいれているお店なので、他にも芋焼酎「さつま諸白」(1750円)を購入。今夜が楽しみです。
さらに用事を済ませるため走り周り、帰り際に別の酒屋さんへ泡盛も1本買っておこうかと立ち寄ってみると、なんと「亀甲宮(キンミヤ)」を発見!!偶然でした。これもなかなか置いているお店がないんですよね。さっそく25度を1本買い足します(笑)


さて夜、ベランダで七輪をおこしてぽんこと乾杯です。この日はモツを串に刺して、モツ焼き屋さん風で楽しみます。まづはホッピーです。 「濱の戯言」のブログでも話題になってましたが、焼酎を三楽とキンミヤにして飲み比べをしてみました。果たして確かに味が違うのは分かります。キンミヤの方が、ちょっとだけ個性が強くなる感じがしましたがどうでしょうか?普段三楽ばかりなので、そちらに慣れているからかもしれませんが・・・(^^
しかし三楽とキンミヤ。まさしく「3キン」ですな(笑)
七輪ではモツ焼きもいい具合になってきました。さてそれではメインイベント「英君」の登場です。
瓶の後ろのラベルには、端麗辛口で日本酒度は+6とありますね。まづ鼻を近づけるとフルーティーな香りがしました。口をつけると、ふうわりとした味わいで確かにメロンっぽさがありますね。優しくてそしてなんだか、艶っぽい味わいの印象かな?(^^ゞ 肴としてはやはり、生ハムなんか合うかも知れませんね。。。(単純すぎ?)
是非今度は特別純米を呑んでみましょう。お店で取り寄せておいてくれるとのことなので、楽しみです。しかし仕事柄、取りに行けるのは夏の終わりごろになってしまうかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »