« しぞーかおでん | トップページ | 静岡探訪 »

2005/10/29

清水探訪

平成17年10月26日

金の字

清水駅に到着が午後4時40分ころ。目的の「金の字」を探して、駅から静岡駅方面へむけ路地を歩いてみる。駅からすぐのハズだが、どうも看板を見損なったらしい。2,3分歩いても見つからない。
丁度清水駅方面へ向かう旦那さんがいたので、乞うてみる。やはり行き過ぎていた。道すがらその旦那さんと軽い会話なぞしながら、金の字前まで案内してもらった。親切な人だなぁ。しかし暖簾がでないと、お店の看板は入り口の上にあるだけなので、道路と平行しているため見えなかったのだろう、・・・ということにしよう♪

開店までまだ間がある。付近をちょいと見てまわり、開店時刻の午後5時にあわせて店の前へ。外観でも写真に撮っておこうなどとしていると、主人らしき方が暖簾をかけに出てきた。暖簾のあり、なしの画像をしっかり納めて口開けの客となったのであった。
お店の前で開店を待つ人こそいなかったが、小生が入るや、2人連れのおじさんたちが2組。その後もひとり、ふたりと入ってくる。きっとどこかで隠れていたに違いない(爆)!いやー、さすがは有名店である。
さて小生はビールを頼むや否や、もつカレーを4本頼んだ。すかさず頼まないと、万が一なくなるってこともありますから!なにしろお土産にも出来るので、10本20本単位でもつカレーはなくなるらしい。

しかしここでほんの小さな失敗をしてしまった。ビールは、アサヒ、キリン、サッポロですがどれにしますかとの問いに対して、キリンと答えた。アサヒは無条件でパス。サッポロは黒ラベルだろう。うん、それもいいけど、やはりキリンと答えようと、勝手に脳みそが働いてしまった!ばかばかばか!!目の前の冷蔵庫にはしっかり赤星が冷えているではないですか!あまりにもつカレーに気をとられてしまった上での失敗である(笑)落ち着け、落ち着け。

さて気をとりなおして、もつカレーを堪能しましょう。
奥の厨房から、カウンター前に移動してきた大鍋にはたっぷしのカレーソース。その中にはしっかり串にささったもつが見え隠れしている。お店のおねぇさんが皿を左手にもち、右手でさえばしを使って1つ、2つともつカレーを取り分け、すかさず小生の目の前に運ばれる。おおー。待ちかねたぞ。
思えば今年の2月、静岡のんべぇツアーの際に支店にこそ行ったことはあるが、本店の味にそれ以来恋焦がれていたのであった。
目の前のそれは、濃く黒っぽい黄色のソースに包まれた串刺しのもつ♪おそらく小麦粉と、いわゆるカレー粉で作られたであろうこの香り。これを見たとき、思い起こすはつい先日。秋葉原でA-boyを横目にたどり着いた交通博物館。そして目指すは4階の食堂「こだま」。幼い頃食べた、あのみょーにカレー粉の味が強調された、独特の香りとあの辛さ。SBかCBかそのあたりのカレー粉を使っていたのだろうか。当時、新幹線には何社かの食堂が入っていたが、特急列車の食堂はみな日本食堂だった、と思う?その列車内食堂の味が、交通博物館で味わえたのだ。小学生だった小生がオヤジとそこへ行き、そのカレーを食べたのだが、今もあの時の味が味わえるだろうか?果たして・・・(>_<)
月日は流れて、時代も味も変わってしまった。しかもこれってレトルト?って感じの郷愁もたそがれも、そして旅情もなーにもかきたてない、あわれなカレーとなっていたのだった・・・残念!!!
閑話休題。とにかく早速とりあえず、カレーまみれの串を右手に持ち、あんぐりと一口・・・おおっ!
「うまい」と言ってしまえばそれで一応は形がつくが、あえて貧困なボキャブラリーを総動員すれば、いえることは一言「うんまい」である!!
さらに余計な解説を加えるなら、柔らかく処理された臭みの無いもつと、その脂の部分がカレーソースと軽やかに調和して、まるで・・・やめときましょう。小生の稚拙な解説などは・・・(笑)
隣の御仁も、むこうの御仁も食べ終わるや追加しているのだ。これは薬物のごとく常習性がでてしまい、2日も空けると手足が震えるって症状が出るオヤジさん達も多いのだろうなぁ・・・。

ちなみに小生、この日はもう一つの名物、「ポーク焼き」もすかさず頼んいた。2,30分たったころ、運ばれしそれは見た目もうまそうである。いや、味は勿論なんだが、特筆すべきはその食感であろう。豚の赤身ゆえの先入観で、固い、噛み切れない、ぱさぱさだ!なんてことは全て裏切られる。あーこんな裏切られ方なら、何度女性に騙されても構わない(爆)
もつカレーもポーク焼きも、感動した!!

本日は他に、あか(脾臓)を1本感動して、お酒をシングル(1合)で味わい、次のお店に移動したのであった。
清水のみなさんがうらやましい。。。

V6010049V6010050-cV6010051

|

« しぞーかおでん | トップページ | 静岡探訪 »

コメント

もつかれ様でした。
私は藤枝に3年ほど住みましたが、静岡おでん、もつカレーは未経験でした。静岡駅呑みはやった記憶があります。磯自慢は何回か買いました。

投稿: はくぶん | 2005/11/03 21:19

もーつカレーますたよ(笑)
な~んて、呑んでいればこの世は天国♪
全快バリバリっすよ(^-^)v

じつは続編があるので、乞うご期待を・・・?!?!

投稿: むー | 2005/11/05 00:30

金の字は静岡支店に行ったのですが、
かなり邪険な雰囲気で、なぜか新潟の酒ばかりでガッカリしました。。
新生丸の帰りに本店を通ると、明るい雰囲気で盛り上がっていたのですが、帰りの列車の時間だったのであきらめました。。
次回は行ってきます!

投稿: たけーだ | 2006/01/10 17:33

静岡支店は、あまりゆっくりいなかったのですが、お母さんと若い男性店員(息子さん??)は愛想良かったですが・・・。
日本酒は本店でも地酒はなかったかな?湯のみ茶碗で出すのは面白いですよね。

投稿: むー | 2006/01/11 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/6724887

この記事へのトラックバック一覧です: 清水探訪:

« しぞーかおでん | トップページ | 静岡探訪 »