« 清水探訪 | トップページ | 静岡ふたたび(その1) »

2005/10/30

静岡探訪

平成17年10月26日

金の字をでてから、少し散歩がてら付近を歩いてみた。
実はここで、「串揚げ 剣」というひなびた感じのお店を発見したが、情報が皆無だったので二の足を踏んでしまった。「新生丸」も行きたかったが、ともに次回の宿題としよう。
というわけでその後、「やしま」という名古屋風スパイシー手羽先が名物のお店により、電車で一駅の草薙で途中下車して「焼き鳥道場」へ。
いろいろ行きたいお店はつきませんな!

駅呑み

さてさて、静岡駅につきました。それでは静岡市街へ繰り出しましょう。目指すは「多可能」である・・・がその前に、ホームのスタンドに寄り道、寄り道♪
1,2番ホームと、3,4番ホームにて駅呑みが出来る。沼津駅にある2店と浜松にもあるらしく、会社はいずれも同じとのこと。もっといろんな駅で楽しみたいので、お店を増やしてくれーい!!(笑)
ここではチュウハイと湯豆腐を頼み、しばし停車場の風にさらされていた。こうして呑む酒は、言いがたい格別な風情と喜びがありますな。

多可能
V6010076

「多可能」は2度目の訪問となる。今年の2月に来たが、その時は開店直後。お客さんも沢山いるにはいたが、まだ店内も静かだった。しかし、午後9時近くの店内は騒然としていた。なんだか古びお店には似合わない様な喧騒ぶり。しかしこれもこのお店の特徴なのかな?考えてみると、カウンターは7、8人くらいしか席がない。圧倒的にテーブル席が多いのだ。まして遅い時間になってくると、ひとり客は断然少なくなるのかもしれない。
さて小生はカウンターへ腰掛け、まづは日本酒の常温をいただく。ちなみにこのお店には、年代物の銅製の燗付け機がある。20本は入るらしいが、ここから取り出される燗酒も味わってみなくては!
さてお酒の銘柄は「萩錦」。1合入りの徳利型のガラス瓶に入った、例のあれである。栓をしゅぱっと抜き、小ぶりのガラスのぐい飲みとともに手渡される。萩錦は静岡市内の蔵元であり、いわば地元中の地元。まさに地酒である。これは普通酒であろうが、勿論純米酒なども造っているので、機会あれば試してみたい。
ところでつまみは、桜えびのかき揚にしてみた。これもお隣、由比産なハズ。静岡の夜をまったり楽しんでいた。
が!携帯の音で現実に引き戻された。
どうやら時間が来てしまったらしい(^^;
コンサートが終了したぽんことよしえさんから、帰るよコールである。ああ、小生の燗酒が・・・(爆)
仕方ない、今宵はこれまで。お勘定を頼むと890円。お酒1本とかき揚だけで申し訳なかったと同時に、残念だったなぁ(^^; お通しの枝豆は無料かな??
なんか落ち着かなくて早帰りと思われたのか、「すいませんね、また来て下さい。」と若大将?が声をかけてくれた。いや、いやとんでもない。これにはいろいろ事情があってのことですよ・・・とは言わなかったが、「いえ、こちらこそまたお願いします。」と頭をさげておいとました。
やっぱりいいお店ですね♪

|

« 清水探訪 | トップページ | 静岡ふたたび(その1) »

コメント

たかの、いいですねー。
いつも満員で入れなかったり、休みだったりするので、今度静岡訪れる時は必ず行ってきます。
燗酒と魚料理が良さそうですねー。

投稿: たけーだ | 2006/01/10 17:28

「多可能」はやっぱり老舗の風格があり、雰囲気あるお店でした。お店の方も愛想のよい対応で、居心地がいいですよ。
是非行ってみてください。

投稿: むー | 2006/01/11 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/6754483

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡探訪:

« 清水探訪 | トップページ | 静岡ふたたび(その1) »