« 静岡ふたたび(その1) | トップページ | 清水ふたたび(その2) »

2005/11/03

清水ふたたび(その1)

平成17年11月1日

静岡鉄道を使って清水へ向かいましょう。時刻は夕方の4時を少し回ったところです。
この鉄道は新静岡と新清水の間を、約20分で結んでいます。新清水でおりて、そこから南へ広がる飲み屋街をチェックしてから、JR清水駅へ向かって歩き、金の字へ5時到着という、かなーり綿密なる計画?をたてていました。が!新清水から歩き出すとすぐ、おやっ!と足が止まってしまいました。
金の字の支店が、すでにお客さんが4割りがた埋まった状態で、しっかり営業しているではありませんか。静岡にも支店があり、清水にもあるとは聞いていましたがここだったんですね。
「どうしよう?」時刻は4時40分くらいです。ぽんこと緊急役員会議を開き、25秒の討論の末、さくっとここでもつカレーを食べて、本店と比べてみようということになり、いざ入店です!!

金の字 支店

入ってまっすぐ奥に伸びるカウンターの、一番奥の部分にすわりました。お母さんがやってきて注文をとります。伝票に注文を書きながら、この席はゴールってうのと教えてくれます。入り口部分はスタートで、招き猫がおいてあるあたりがネコ・・・だったかな?他にも位置により名前がちゃんとあるそうです。面白いなぁ。そういうの大好き♪
まづは赤星で乾杯♪もつカレー4本とアカ2本、レバーとタンを1本づつ頼みます。
小生は先日本店でもつカレーを食べてますが、ぽんこは半年前の静岡支店で食べたきりです。さて味は・・・本店とは大差ないかな?ただ、食感が本店にくらべて固い感じです。わずかですが、煮込み足りないのかな?
アカはこちらもうまいですね。レバっぽさをやや感じる味ですが、レバよりわずかに歯ごたえがあります。タレでたべるのですが、絶妙な味わいです。レバーとタンは本店で食べてないので、比べられませんが、美味しくいただきました。
さて5時になりそうです。急ぎましょう。


金の字

V6010094
ちょいと急ぎ足でJR清水駅方面へ向かいます。着くとちょうど暖簾を出し終わり、店内にあかりが点いたところです。きょうも口開けの客です(笑) 先週はすぐに何組かお客さんが入ってきましたが、きょうは空いています。5時にあわせなくても余裕だったかもしれません(^^;
ここでも赤星から行きましょう。
そして、もつカレー4本、ポーク焼き、アカ2本、レバー、もつ、しろを1本づつ、それにおしんこを頼みます。
さて、やはりもつカレーはこちらの方が、わずかにうまいと思います。煮込み方かどうか分かりませんが、食感の違いは味を左右しますね。ポーク焼きはぽんこもお気に入り。添えられている、セロリの塩もみ?塩茹で?も、付け合せにぴったりです。
赤星を追加して、小生はさらにレモンハイをいただきます。
ああ・・・この店にホッピーがあれば、どんなにいいでしょうか(笑) 

|

« 静岡ふたたび(その1) | トップページ | 清水ふたたび(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/6882640

この記事へのトラックバック一覧です: 清水ふたたび(その1):

« 静岡ふたたび(その1) | トップページ | 清水ふたたび(その2) »