« 静岡ふたたび(その2) | トップページ | ぴん »

2005/11/17

富士焼鳥店

平成17年11月13日

本日の振り出しは、またも沼津港のベアードビール。
未体験だった、「ライジングサン」と「レッドローズ」をグラスでいただき、その後バスで移動。
着いたところは、二光です(笑)
いいなぁこのパターン。
前回はこのあと、沼津駅近くへ移動して豊亭でしたが、今日は三島へカシを変えます。

三島駅南口から、まっすぐ南へ向かって4,5分歩くと、右側に焼き鳥やさんがあるのです。
先日、知人たちと来た時はお休みでしたが、それが平日だったので、日曜日の今日はやってるかもしれない・・・と推理してやってきました。
果たして・・・おお、灯りが点ってますよ。
道路にそって2軒ほどの間口で、その2軒分がガラスの引き戸になってます。
店内は右側がL字のカウンターで中が厨房になってまして、左側にテーブルが2つおいてあります。お客さんはテーブルに1組とカウンターに3人ほどひとり客のおやじさんたちがいます。ご常連でしょう。お店はお母さんと、30代くらい?の女性の2人で切り盛りしていました。
カウンターに腰掛、ビールを頼みます。キリンラガー(大)です。焼物は焼きとんで種類も4品だけです。豚ばら、軟骨、しろ、あと失念しましたが、レバかハツだったような?この日は3種類しかなく、その失念した品が売り切れだったもので・・・(^^ゞ
とにかくその3種類を1本づつ頼みます。焼き台は炭ではなくガスになります。メニューはほかにも、数種類の単品がありますね。
やがて隣の席にかなりの常連らしいオヤジさんがやってきました。座るなり、「梅割り!」というではありませんか。え?梅割りっていったよね?えっとメニュー、メニュー。
店の一番奥の隅の壁にあるメニューをよくよくみれば、確かに焼酎梅割りとありますよ。おお、こんなところで出会えるとは。まだビールが残ってましたが、チェイサーにすればいいですよね。「あのー梅割りがあるんですか?私にもください」「氷いれますか?」とお店の方。「ん?梅割りにこおり・・・」と思っているとすかさず隣の親父さん「いや、入れない方がいいよ。おれは入れるけどさ。」みれば確かに氷いりの梅割りですね。
小生も梅割りを頼んだことから、東京の下町の話しやらをしながら楽しい時間です。おやじさんは向かいの蕎麦屋のご主人でした。小生もそのお店に1,2回行ってますね。昼間に日本酒を呑みながら、そばを手繰った記憶があります。これをご縁にまた行ってみますか。
しかし三島で梅割りに出会えるとは思ってませんでした。ただし梅の色はかなり薄いですね。でも味はちゃんと梅味だったので、梅エキス自体が薄い色なのかもしれません。
お店の休みは月、火、水で営業時間も夕方4時?から9時?までです。また来ましょう!

三島を20時39分にでる東京行きの、特急車両を使う普通車で、快適な気分でビール呑みながら実家へ移動です♪♪

|

« 静岡ふたたび(その2) | トップページ | ぴん »

コメント

ベアードには12日に行ってまいりました!
素晴らしく「ホッピィ」な香りのするビールを造っていますねー^^
店の雰囲気、奥さんのフレンドリーな接客、そして地ビールの味に惚れちゃいました。
三島20時39分発の東京行き、覚えておきます(笑)

投稿: 16G | 2005/11/18 16:29

おや、1日違いでしたね・・・(^^;
小生、日曜の午後に行くことが多いのですが、奥さんにはお会いしたことないです。
奥さんがいらしゃると、また違う雰囲気なのでしょうね。
日曜日にくることあったら、一方ください♪

投稿: むー | 2005/11/19 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/7171259

この記事へのトラックバック一覧です: 富士焼鳥店:

« 静岡ふたたび(その2) | トップページ | ぴん »