« 静岡探訪 | トップページ | 清水ふたたび(その1) »

2005/11/03

静岡ふたたび(その1)

平成17年11月1日
静岡が恋しくて、またきてしまった!きょうはぽんこと2人で静岡・清水を呑みまくる予定です♪

おがわ

V6010088
浅間神社への参道を歩くと間もなく、静岡おでんの「おがわ」があるので、まづはそこで一休みです。
丁度われわれが入ろうとするや、3、4組の人たちがなだれ込んできました。空いていた店内が瞬く間に一杯に。慌てて席を確保してまづはビールでしょ(笑)
入り口近くのおでん鍋のところは、同時に入ってきた人たちがおでんを選ぶのにごった返しています。しばらく待機して、空いてからおでんを選びます。ここのおでんはじゃがいもがウリらしいのです。勧められましたが、ダイエット中の体に、でんぷんは大敵なのでうにゃうにゃと適当にごまかします(笑)
牛すじ、しらやき、魚のすじ、さつまあげ・・・、どれもいい味です。
おでんの他には、おだんごやら、おにぎりやらあって、帝釈天ならさながら「とらや」といったところかもしれませんね。

中西おでん改め範子のおでん

V6010091
参道を浅間神社めざして歩きます。どんつきが浅間さんですが、今回も参詣は失礼して右折して先週も来た、おばちゃんのおでん屋さんへ入ります(笑)
「こんにちは」
奥からおばちゃんがでてきましたが、出てくるなり「きょうはこれから取材が来るんだってから待ってるんだけどねぇ」とのこと。おや、テレビの取材かな?これは面白いところへきたかもしれないな、などと思いつつ鍋の前に陣取ります。とすぐにその取材陣がやってきました。
どうやらテレビでなくて雑誌だそうです。案内の人とインタビュアー、カメラマンの3人です。
後で分かったのですが、案内の人は静岡あさひテレビで、夕方の番組に出演したりしている方で、「静岡おでんの会」初代代表 大石正則さんと言う方でした。そういえばなんとなくお顔をみたような・・・。
ちなみに雑誌はホンダクリオからだしている雑誌で、今回のが出版されたら送ってくれるそうです。楽しみにしましょう♪
ところで、おばちゃんもきょうは以前より饒舌で、取材を楽しんでいるようす。われわれはビール飲みながら、取材陣ともだべりながら、おでんを楽しみました。と、壁に目をやると、おや?貼られた紙に「範子のおでん」とありますね。中西おでんじゃなかったのかな?どうやら屋号を変えたそうです。大石さんいわく、範子なんて屋号にすると、若いおねえちゃんがやってると勘違いしてお客が一杯くるんだよ(笑)・・・だそうです。ホントかな?(^^;

大石さんにこの後も駄菓子屋1軒と、おでん街で2軒、取材があるから一緒にどうですかと誘われたんですが、これからわれわれは清水へ向かわねばならず、ごめんなさいです。名刺を交換して、時間が気になりだした我々は一足先においしとまします。おばちゃん、また来るね♪

|

« 静岡探訪 | トップページ | 清水ふたたび(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/6878257

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡ふたたび(その1):

« 静岡探訪 | トップページ | 清水ふたたび(その1) »