« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/17

沖鶴探訪紀

平成17年12月14日

鶴見で、とある仕事を終えたらちょうど午後の2時。よし、久々に沖鶴へ行ってみよう。
時間はあるので、駅前から歩いてみる。潮鶴橋をわたり左折して潮田公園を右折すると、中村屋酒店があった。角打ちが出来るが、もう少し歩いてみる。塩田交番の交差点を右にはいると間もなく銭湯がある。まだ開店していないので、塩田交番から仲通りへめざすと、また酒屋さんだ!村田屋酒店。ここでも角打ちができる。仲通りには上州屋酒店・・・とここらには角打ちが出来る酒屋さんが点在している。銭湯も多いらしい。
何度か車で来たことのある沖縄物産センターあたりをうろつき、先ほどの風呂屋へ戻るとそろそろ開店時間のようで、そとで待っている地元の方がちらほらと・・・。小生もひと風呂浴びていきましょう。

外観は入母屋造りの昔ながらの銭湯のつくりだが、中は綺麗に改装してある。しかし天上はたかく、昔の雰囲気を残すなかなかよい銭湯だった。
こうして銭湯に来ると、いつも思い出すのは小学校1年生の自分。あのころ、親に連れられよく銭湯へ行ったものだ。帰りにはいつも噴水の様に噴出して循環させている、もう今は見なくなったオレンジジュースの自動販売機の前で、喉が渇いたとねだったものだ。
うん、きょうも喉が渇いたなぁ(笑)仲通りへ向かう途中にあった村田屋酒店で麦ジュースを呑みましょう♪

おじさんたち2人がすでに一杯やっているけど、静かな店内。そろそろ1本呑み終わる頃、奥さんがでてきて「今日は静かだねぇ。こんな村田屋はめずらしいよ。」と笑っている。いつもは賑やかなんでしょう・・・。
冬の日の静かな午後。ストーブの上のヤカンの湯気の音と、規則正しく打つ柱時計の振り子の音でも聞こえてきそうですよ(笑)
さてきょうは1本でご馳走様。お先です。。


仲通りの沖縄物産センターとその隣にあるおきなわ亭の間の路地をはいると、正面が八百屋さん。その手前の左角に手作りのサーターアンダギーを売るお店がある。それ以外にも何かを扱っているが、雑然とした感じで、一見、何屋さんかわからないような店である。那覇の市場周辺の路地裏あたりにありそうな店だ。ちょっとした料理も食べさせてくれるようで、お酒も呑める。先ほどは誰もいなかったが今はおばさんがいたので、呑んだり食べたり出来ますか?と引き戸を開けてみた。今日はてびちくらいしかできないよぉ、と沖縄なまりの返事だ。おばぁと言うには、も少し若い感じの方だ。夕方からは沖縄出身の方が見えて賑やかになるらしい。それまでのしばしの時間、ちょっとお邪魔させてもらおう。
皿にでーんと盛られたてびちはさすがに上手に煮てあり、やわらかくて味加減も絶妙。いつもはないけど今日は貰った冬瓜があったのでと、2切れ添えられている。お酒は泡盛を水割りでいただく。残白の30度。大き目のグラスに泡盛がたっぷり注がれる。
「沖縄のひとね?」(勿論沖縄なまり)
「いえ、沖縄好きなだけです。」
オマケに出してくれた小皿はなんだろう?
「これクーブイリチーですか?」
「いや、これはひじきだよ。なんでクーブイリチーしってるのぉ?」
こうしてうちなーぐちのおばさんと話をしていると、なんだか沖縄へワープしてしまったようだな(笑)
泡盛をおかわりして、しばしいい時間をすごすことが出来た♪

さて、沖鶴ではブラジル料理のお店も何軒かある。先ほどの銭湯の斜め前にあった「ぶ~がる」という店へ行ってみよう。ブラジル料理は沖縄の本部にあるお店へ行って以来だった。
沖縄の方は戦前から、ブラジルへ移民する方が多かった。やがてそのご本人や、二世や三世の方が日本へ帰ってくる場合も多い。ブラジルで覚えたブラジル料理を出すお店が出来、帰国した方々がそれを食べに来る・・・。そんな訳で沖縄とブラジルとは縁があるようだ。
この日も隣の席では顔立ちは日本人だが、言葉は日本語ではなく、多分ポルトガル語?をしゃべる方々がビールを呑んでいた。仕事帰りにここへ立ち寄り、お酒とともにブラジル料理を味わってから帰宅するのだろうか・・・。
お店のご主人は30代なかばくらいの日本人男性だったが、今考えるとブラジル帰りの方なのでしょうかね。

小生は名前は忘れたが、確かさとうきびを原料とするブラジルのお酒に、フレッシュライムを果肉ごと1コ分入ったカクテル様のものをいただく。それに厨房の女性がどんどん作るその日の料理の中から 砂肝をトマト?と煮込んだ様なものと、ハムとチーズを挟んで揚げたパイの様なものをいただいた。砂肝は通常サイズではひとりでは多いので、ハーフサイズにしてくれる気遣いがうれしい。今度は2人で来てみよう。その方がいろいろ料理を楽しめそうだ。
(ちなみに明細を見てみると、CAIPI 、 1/2MOELA、 PASTELとなっていた。CAIPI はCAIPIRINHAを略したものと思われ、これがブラジルのお酒にフレッシュライムを加えたもの。)

帰り際にドアに向かった時、ふっと、行った事もないブラジルの香りをかいだ様な気がした・・・と思ったのは酔ったせいだろうか?


その後バスで鶴見駅へ行き、鶴見線で国道駅へ。ウワサの国道下というお店へ寄ってみた。
ホームから階段を下りていく時、そこはまるで昭和レトロな風景だった。この様な場所は、子供のころの不確かな記憶の断片を探ると、どこかで見たような気もする。
そして肝心のお店も、なかなかDEEPだった(笑)陽気なおやじさん達の笑い声が、いつまでもこだましている。

鶴見ワンダーランド。また来よう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/12

串揚げだ!ホッピーだ!しかし・・・

平成17年12月8日

さてニューセブンを堪能したあと、沼津の駅北に最近オープンしたという串揚げのお店へ寄ってみましょう。
交番のすぐ裏手にあるお店で、オープン間もないということもあり小奇麗な店構えです。そしてガラス張りの入り口で店内の様子もわかり、入りやすいお店だと思います。
さてとにかく入店と思うと、なんと「ホッピー」の文字がありますよぉ(◎o◎)
期待は高まります・・・。

しかし!
ホッピーはアサヒのジョッキ。ご主人にちょっと探りをいれるも、特にホッピーへの思い入れもない様子。妙な?流行にのってホッピーをメニューに載せているってところなのかな??
焼酎はやはり「源氏」で、氷、レモンなしの1冷です(ToT)

肝心の串揚げですが、結構オシャレな感じで提供されます。
カウンターに座るも注文の数本を一皿に載せ、レモンやパセリでデコレしてわざわざ持ってきてくれます。ソースはどぶんってつける大阪風でなく、4種類あるソースを好みでかけるタイプ。お店の名前は三ノ宮といい、関西風とちと違うらしい。
どうせならもっと大衆的な串揚げであって欲しかったけど、これはお客の勝手と言う物でしょう(^^ゞ
味は良かったです。

その後、沼津再開発でなくなるかもしれない掘っ立て小屋的な長屋のおでん屋さんでちょいとつまみ、三島へ移動して「高砂」で〆。楽しいひとときでした♪
運転手ぽんこに感謝m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/11

もつ焼きとホッピーin沼津

平成17年12月8日

ニューセブン

なにやらスナックを思わせる店の名前ですが、れっきとした焼き鳥(もつ焼き)屋さんなんです。
沼津ではそのスジでは有名らしいですね。
駅北からかなり離れた立地で、歩くと30分くらいかかりそうです。バスかタクシーか自転車ってことになるのかな?今日はぽんこがまたまた運転手をしてくれるということで、行くことができました。

間口も1軒くらいしかなく、本当にしらなければ見過ごしてしまう様なお店です。入店すると人のいい年配のお母さんが笑顔で迎えてくれます。こうして一見の客にも鼻を高くすることなく、媚びることもなく自然体で迎えてくれるのは実にいいですよね。沼津、三島あたりはその点大きくはずれたことはないですが、あえていえば、三島のオキナワン酒場「カラカラ」は最低でした!(おっと、余談でしたね(^^ゞ)

V6010094さて入店すると既に常連のおやじさんがいっぱいやってますね。ジョッキはビールでなく、ホッピーですよ!嬉しいですねぇ。われわれもホッピーをいただきましょう。しかしぽんこは申し訳ないけど、ヌキッピーですm(_ _)m
焼物の串は1本からOKですが200円とちと高めですね。しかしウワサによればかなりでかいらしいですよ。ふたりいるので、大きめでもとりあえづ5本はいけるでしょう・・・。えっと、ハツ、タン、かしら、レバ、それに・・・がりをお願いしましょう。がりというのはこのあたりの呼び方なのか、軟骨のことです。「二光」でもがりというのがありました。
串焼きの味つけはお任せです。お通しに鰯のつみれが出てきましたが、焼けるまでにと思い、これまた美味しいとウワサの肉入りポテトを頼みます。これはコロッケの中身だけといったところですが、胡椒がきいていてなかなかうまいです。
さてはじめにハツが焼きあがってきました。おお、これはでかい!一般的な焼き鳥の3倍くらいあるかな?味付けはタレです。さっそくかぶりつきましょう♪
んー、物にもよりますがこれくらいインパクトがあると、肉の味わいががっつりときて、しっかり味わえる感じです。
正直ちょっと焼きすぎかなという印象でしたが、BBQといった面持ちでこれはこれでいい食感です。ちなみに炭で焼いているそうですが、焼き台は奥にあり見えませんでした。
塩で焼き上げられたタンもタンらしくて、うまかったですね。ただタレであがってきたレバーですが、もう少しレア気味に仕上げられるといいなぁ。これは小生的にはイマイチかな(^^ゞ
そして教訓。もし2軒めを予定しているなら、2人で3本くらいが適当かと・・・(笑)
V6010087


ところでここのホッピーはホッピージョッキに氷、レモンなしの2冷です。残念ながら焼酎が冷やしてなかったです。銘柄は「源氏」の25度。横須賀ホッピーを連想しますね(笑)そういえば☆は2個めまでいれてました!
そしてお代わりでジョッキの差し替えもあり、これは嬉しくなりました♪
一通り食べ終わってから、先のおやじさんと、お店のお母さんと4人でちょっとしゃべったのですが、おやじさん曰く東京のホッピーはまずいらしいです(笑)わざわざこのお店に、うまいホッピーを呑みにくる御仁もいらっしゃるそうな・・・。
あとお母さんは、本当は焼酎も冷やすのもご存知の様子でした。しかし1升瓶では冷蔵庫にはいらないから・・・と。なにか別の小さめの容器に移して冷やすといいですよと、知った風なことを言ってしまいました(^^ゞ
それとこのお店に以前、ホッピーの営業の方がホピトラでやってきたそうです。そうやって営業の方がお店をまわると、ホッピーも美味しくなるんですね。
そういえばなんだか沼津は、ホッピーのレベルがいい線いっているような気がします。というか、ホッピーのうまそうなお店ばかり選ぶからかなぁ・・・?

んー沼津、三島地区。もっともっと開拓してみたいですね!!


<ホッピーが飲める店「ニューセブン」>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/04

えっ!!

平成17年11月29日

悲しい出来事があった・・・。
久々にホッピー泡~s’へ行ってみたら、マスターの姿がない!
代わりに女性が切り盛りしていて、聞けばマスターは中国へ帰ってしまったそうな。
ホッピーこそ健在だったが、
あの人懐っこいマスターの笑顔も、バーナーで仕上げる「ピッツァ」ももうなかった。
けっこう寂しい。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »