« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/01/28

あれこれとギョーザ

最近餃子を楽しんでいる。

大口商店街の寺尾屋は小ぶりだが7ケもついて150円!!驚きである。焼き加減もパリパリでうんまい。

近所にあれば毎日通ってしまいそう(笑)V6010048

六角橋商店街のかずさやでおでんを求めていったら、偶然見つけたお店「ホンパン餃子」もなかなかだった。
注文ごとに皮を伸ばして、具を詰めて調理してくれる。もちっとした皮の感触がなかなか病みつきになりそうだ。改めて餃子は麺類であることを感じさせる。焼きと水餃子を試したが、水餃子の方がわずかに好きかもしれない(笑)
V6010076V6010077

実家近くにある「おこげとぎょうざ」というお店へ行ってみた。
餃子は290円と安い。水餃子は600円になる。おこげは1000円である。
餃子だけ食べるには安くていいかもしれないが・・・。
しかし夜に行って一杯やりたい時には、ちと高い。小ジョッキのビールが400円。(瓶ビールなし)小さなグラスに入ってくるチュウハイが350円。・・・焼酎をボトル(2500円くらい?)で頼んで呑むのがいいかもしれない。
餃子もおこげも味は良かったけど、ビールを気軽に呑める価格設定が欲しいものであるV6010111V6010112V6010113

久々に行ってみた小田急相模原の「萬金餃子」。
宇都宮のホワイト餃子の流れだ。
この日は、いままであまり試したことのない水餃子をスープ仕立てで1つ(8ケ入り)と、焼き餃子2皿(1皿10ケ)とご飯1つをぽんこと平らげた!ああ、腹いっぱいになってしまった(爆)!
ここの餃子は焼きというより、揚げるにちかい。皮は厚めで甘みがあり、具が少なめで皮を食べさせると言った塩梅である。大きさの割には軽くて、10個くらいはぺろりとたいらげられる代物だ。V6010114V6010115

| | コメント (2) | トラックバック (1)

いい湯だな♪♪

平成18年1月24日

戸塚の矢部の湯へ行く。
本当は昨日行こうかと思ったが、月曜日はお休みだった。お陰で常楽湯へ行けたが。
常楽湯もそうだったが、暖簾をくぐるとすぐ正面にタイルで福助とかの絵が描かれている。
丁度番台の裏にあたる位置だ。
しかしどちらの銭湯も傘たてがおいてあり、絵を隠してしまっている。
なんでだろ?せっかくあるのに・・・。

V6010108

この日はぽんこと上大岡へ移動。
「じいぇんとるまん」「たぬき」「はじめちゃん」とハシゴする。
「はじめちゃん」のつまみはどれも200円だが、きょうのヒットはとんかつ。
これで200円はお得だね♪
V6010109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい湯だな♪

平成18年1月23日

大船の銭湯、常楽湯へ行く。
湯船の底には鯉が3匹泳いでいた。
勿論タイルに書かれた絵であるが・・・(笑)

V6010097V6010100V6010099

帰り道に、「鞠屋」と昨年11月にできたという立飲み屋「アトム」へ寄り戸塚へ移動。
「ねこ」で締めて帰途についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/12

何故か途中下車

平成18年1月10日

金町から三崎口(三浦海岸だったかな?)行きへ乗り込み帰途へついたのですが、本所吾妻橋で降りて知り合いのお店へ顔を出して行こうと急遽途中下車です。
「いっちゃん」というこのお店は普通の居酒屋さんです。板前出身の気のいいご主人の市ちゃんはいつもニコニコしていて、大声で笑うのがいいですね。去年の花見の時には、買出しやら場所の紹介やらでお世話になりました。ことしも花見の時はよろしくね♪

そのお店の近くに、2軒ほどもつ焼きの赤提灯があるのを以前から気になっていたのですが、つい行きそびれてました。しかし今日はまだ終電には時間がありますね。ちょっと寄っていきましょうか。
いっちゃんの真ん前にある方はなんとなくいっちゃんへの手前もあり避けて、路地をちょいと入った方のお店に寄ってみました。
中は5,6人分のL字のカウンターと、座敷が奥に広がってます。かなり酔っ払っていたので詳細は忘れましたが、親父さんも息子さんも実に愛想がいい!もつ焼き(確か2本単位)を2,3種類頼み、ビール(ホッピーだったかな?)を呑んで話に花咲かせて・・・、楽しいかったことだけよく覚えてます♪
帰りがけには何故かカウンターにいた娘さんに見送られ、ますます上機嫌です(笑)家族で経営しているそうですが、接客のいいお店ですね。すっかり気に入っちゃいました♪また行きましょう。

(後に検索してみると「とん平」という店らしいです。これまた「酔わせて下町」にも紹介されてました。金町といいお世話になりました。)
((さらに追記:えーっと、よくよく見ましたら財布の中に「とん平」さんの名刺が入ってました(^^ゞ・・・ぜったいまた行きますデス・・・。))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣帰りに・・・

平成18年1月10日

金町というのは初めての町です。
柴又で初詣をして、その隣町だからという単純な理由で、今夜ののんべぇツアーの場所に決めたのでした。
そしてここで数軒をハシゴ。有名サイトの「酔わせて下町」を参考にさせていただきました(感謝です)。
ただ最初に入ったお店はこのサイトにはなかった「よっちゃん」と言うお店。7,8人でいっぱいになるであろう小さなお店をご主人ひとりで切り盛りしています。ホッピーはジョッキも冷やしてある2冷だけど、そこへ氷をいれて瓶ごとホッピーを渡されるスタイル。小生は中のお代わりを久々に試してみましたが、酔いが早くなるだろうと、ぽんこは継ぎ足しながら1本を呑み、2杯目は氷なしで頼んでみました。ジョッキの差し替えはありませんが、1杯目なら氷なしで呑んだ方がいいかもしれないですね。もっともこの店のスタイルとして、1本で2,3杯呑んで欲しというコンセプトらしいです。
この日は時間が早く我々しかいなかったので、ご主人といろいろお話しできました。注文したモツ焼きもこの日から再開らしいです。正月明けで、出回るモツの質が安定するまで待っていたそうです。無理してでも仕入れるより、そんな考えの方が無理がなく安心して提供できるでしょうね。
小さな店でしたが親父さんの人柄もあり、うまいモツとホッピーでした♪

その後「えびす」では氷頭なます、「大力」ではレバ刺し、「松」ちゃん」では生ガツ、「山吹」では白子、等々を楽しみながらはしごをして、金町を後にしました。
この時点で結構酔ってます・・・♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寅さんに会いに行った!

平成18年1月10日

私、生まれも育ちも葛飾柴又・・・。
寅さんのそんな口上が聞こえるかもしれないと、念願だった帝釈天へ初詣へと出かけてみました。ぽんこと一緒です。
駅を降りると早速、寅さんがお出迎え。1度でもいいから、ご本人に会ってみたかたですが、今となっては叶わぬことですね。

さて帝釈天へむけて参道を歩いてみます。
すぐに目についたのは「かなん亭」。
でもシャッターがおりてます(>_<)・・・今日明日はお店の正月休みらしいですね。
どうやら甘味喫茶とうのが本分らしいのですが、外にさがっている短冊メニューにはもつ煮込みやら、ワンカップやらお酒も呑める様子。つくづくお休みで残念でした(笑)
近くにあったハイカラ屋という最近たまに見かける、昭和レトロな品を扱うお店へ入ってみます。駄菓子やオモチャが所狭しとおいてあります。千社札を作る自動販売機があったので、小生とぽんこの分を2種類作ってみました(^^ゞ
どこに貼ろうかな?

さてさらに参道を進み、高木屋というお団子屋さんでも寄り道です。
先にお参りをするのが本当なんでしょうが、その後江戸川の堤防まで出てみる予定なので、順序が悪いので失礼して腹ごしらえといきます。
名物の草だんごとおでん、それにビール♪を1本いっときますか(爆)!

人心地ついて再び参道沿いのお店を冷やかしながら、帝釈天へむかいます。
帝釈天について見ると、映画で見るよりこじんまりしている感じですね。本道へ進み、靴を脱いでご本尊の近くまで入ってみました。正座して南無阿弥陀仏を唱える老夫婦の後ろで、我々も手を合わせます。

さて寅さん博物館をゆっくりじっくり見学し、矢切の渡しまで行ってみました。舟がでていれば乗ってみようと思ったのですが、残念ながらこの日はお休みでした・・・(= ̄∇ ̄=)

駅前に戻り参道とは反対方向へ少し歩くと、おでん種を売るお店がありますね。店の中では鍋で美味しそうにおでんも煮えてます。ここで食べられるんですか?と尋ねると、買い食いOKとのこと(笑)。店の前に小さなテーブルもあります。ちょっとつまみましょう。自家製のつみれと魚のスジ、ぎょうざなんてのもあり試してみました。これでビールでもあればいいのですが、ここは食べるだけのようです?
実は駅前に「春」という居酒屋さんがあり寄ってみたかったのですが、開店時間の4時になっても準備すらはじまりませんよ。やはりここもきょは休みかな?寅さんも食べたというオムレツを食べて見たかったけど、残念です。

仕方ない、柴又はここまでにしてもう一つの目的地、隣の金町へ移動しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »