« 平塚PartⅡ | トップページ | また平塚 »

2006/09/25

平塚PartⅡその後

平成18年8月31日

柴善

V6010121

「阿久根」をでてから、2回目の訪問となる「柴善」へお邪魔する。
カウンターには数名の方がすでにいらっしゃる。入り口からほどないところの場所に陣取り、焼酎をいただく。つまみはハツ3本。お母さんが待ってる間やっこでもどう?というので、それもいただく。
昭和30年代を彷彿させる空間と、おやじさんの緩慢な動作。日常の喧騒の中でいつの間にか身についた、余計なウロコがほろほろ剥がれていく。
店内の薄暗さと静寂、通りの明るさと喧騒のコントラスト。まるで異次元の中に身を委ねているようだ。


どさん娘

V6010132

平塚系大衆焼肉の一角を担うお店。ここが総本山らしいのだが、本店は明石町にあるらしい。(この情報はこちらで拝見しました。ありがとうございます。)
入り口近くには2人のお兄さんが談笑している。その奥のカウンターへ腰掛け、ホッピーを注文。
焼肉はジンギスカン、モツ、野菜を注文する。
と、すぐ後ろのテーブル席にいた小柄なおばあさんが、「これね、手をつけてないから食べてよ。」と銀皿に乗った餃子をくれた。さらには呑み残しだけどビンビールまで差し出す。いやいや、突然のことで面食らっていたが、取り合えづ受け取りカウンターへそれらを並べた。これからね、ちょっと行ってくるんだよ、とどうやらパチンコらしい。その前に腹ごしらえしていたのかな?
戦いですねと笑いながら、お店を出て行くおばあさんを見送る。なんか気さくなんですね。ご馳走様。
ビールこそ呑まなかったが、餃子は肉といっしょ焼いていただいちゃったのだ♪

そのうち何か荷物を届けにお兄さんが来たが、先ほどの柴善で隣にいた方だ。あ、先ほどは・・・と挨拶。のんべぇさんの行くお店は同じなんですね。

鳥竹

V6010134

さて気になったお店のもう一軒へ行ってみた。時刻も5時をまわり、いい時間だ。
店は大磯寄りへ歩いて4,5分。近くにくるとオープンエアなお店は明るく照らされて、歩道近くまではみでたテーブル席に3,4名の若者が陣取っている。店内のカウンターは道路と平行しており、3,4名の方がよろしくやっていた。
小生もカウンターの空いている席に掛ける。
座るとすぐに、お通しの小鉢とスープが湯のみに入ってでてきた。飲物はビンビールを注文。店名の通り焼き鳥がメインのようだが、「やきとり」や「もつやき」は5本1皿で750円となっている。ひとりで一種類5本は多いなぁ(^^ゞ
「もつやき」も食べてみたいけど、まづは鳥屋さんということで、「やきとり」を注文してみた。
焼けるまではお通しの小鉢(サラダ様のもの)と鳥のスープをいただく。んー?スープはちと鳥臭さが残っているなぁ。これ、気になる人とこれがいいって人と分かれるところかも?
さて焼きあがってきたやきとりは、鳥肉だけでねぎなどは無し。味については既に記憶にないので割愛させてもあうが(笑)、やっぱり1種類で5本は多い。もちろん2皿頼めばいいのだが、焼物だけ2種類で1500円になってしまう。手羽先やらつくねはもっと少数で頼めるようだったが、450円する。一人で来るより、2,3人できてシェアするのがいいかもしれない。
出来ればひとり客には、5本でもいいので2,3種類のセットなんてのがあると嬉しいなぁ。
さて今日はこれまで。もつやきに後ろ髪ひかれつつも、次回ということに・・・(涙)


最初の予定では、立ち飲みの「○喜」も寄り、それから「鳥竹」だったが、すっかり良い気分で、順序も立ち寄るのも忘れてしまった(爆)!
「○喜」も次回の楽しみにしましょう♪
この日はこれにて平塚を後にした。

|

« 平塚PartⅡ | トップページ | また平塚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/11802547

この記事へのトラックバック一覧です: 平塚PartⅡその後:

« 平塚PartⅡ | トップページ | また平塚 »