« 平塚PartⅡその後 | トップページ | やまとヤマト大和 その1 »

2006/10/11

また平塚

平成18年9月26日

きょうは友人せりちゃんとその彼のnaoくん、&おいらの相棒ぽんこと4人で平塚を楽しむ予定・・・だったが、せりちゃん組がnaoくんの突然の仕事によりキャンセル(涙)
それでもせっかくの予定だったのでぽんこと2人、平塚を散歩することにした。
生憎の雨模様で昼を大分まわってから到着し、まずは平塚の駅ビルに入っているラスカというデパートをさくっとまわる。やはり女性はショッピングが好きなようだ。とはいえ今回はウインドショッピングのみで、ラスカの雰囲気を感じとるにとどまる。お金を使わないショッピングって・・・いいね♪(笑)

外にでるとまだ小雨が降っていたが、傘なしでも歩ける程度になっていた。予報では夕方から本降りになるらしいが・・・。
さてそれではと1軒めに突入。「柴善」はいつものまったりとした時空に全身が包まれる。ぽんこにはそんな話はしたことなかったが、おやじさんの所作を見ていて同じ事を言った。この店のいい空気を作ってくれているようだ。しかしモソモソと話すので、言葉が聞き取りにくいのがたまにキズだ(笑)

その後、「阿久根」へ移動。ぽんこは生ビール(300円:しかしサーバーから注ぐものの、これはキリンのた「淡麗」のようだ)、小生は氷なしのホッピーをいただき、乾杯♪肴は「ごぼうとさばのピリカラ煮」から始めて、先日食べたかった「牛すじのスタミナ焼」「わかさぎのかき揚」「しめさば」の4品。どれもおいしく他のメニューも魅力あふれている。残念ながらこの日は「さめのしんぞう」はなかったが、ぽんこもすっかり気に入り、立ち呑み店での肴部門上位だと喜んでいた。

ゆっくり街を歩きながら次の店を探す。雨はほとんど上がっている。天気予報は今夜もはずれかな?
さてさてたどり着いたのは「大衆焼肉本店」である。ジンギスカンと大きく書かれた看板が凛々しい♪
ジンギスカン、ホルモン、タン塩とキャベツをホッピー片手にがっつく(笑)
ところでここのおねーさんは気さくな方で、大衆焼肉の系図的なことを尋ねると、いろいろ教えてくれた。兎に角生麦系も平塚系も親類であるとのこと。但し大船は親類だが独立系になるそうだ。野毛の「焼肉大衆」については聞きそびれてしまったが、どうなんだろう?

駅前までもどり、これまた懸案だった「○喜」へ突入。最近出版されたばかりの居酒屋本によると開店は12時~となっていたが、やはり5時からであった。店の方に聞くとミスプリだそうだ。あれれ!あれ見て早くに来たひとは、数時間待ちぼうけをくらうことになるゾ(笑)
店の前にはエビスの黒生なんて幟もあったので、立ち飲みの居酒屋さんだと思っていたが、基本的にワインのお店だ。ぽんこはお奨めの赤ワインを呑み、小生はエビスの黒生をもらった。つまみのレバーペーストのカナッペには、いちじくの乾燥したものがのっていたり、温泉たまごと生ハムのサラダもオシャレな一品で、美味しくいただいた。

V6010034

隣は大衆焼肉の「どさん娘」で、その角を曲がると「相州」という蕎麦屋さんがある。まだ店は開いていた。もっともこの時点でまだ午後7時だった(笑)
本店(手打蕎麦相州 昭庵)は大磯の東海大学病院近くにあり、1度だけ行ったことがある。ここはその息子さんが切り盛りするお店だ。勿論どちらも手打ち。ちょっとのぞいていきましょう。
枡酒が一杯と、肴が2品、それにもりそばがついて1500円(?)のセットを一つと、もりそばを1枚頼む。小生すっかり良い気分だったのだが、ここのお酒がなんだか美味しかった。銘柄を聞いたのだが、うっかり失念。つまみも突き出しを含めると3品ほどでてきた。そばも美味しくいただき、酩酊気味で店をでる。心配していた雨もすっかり上がっていた♪

しかし昼酒は良い気分ですね。記憶も曖昧となりつつ家路についた・・・はず!?
ああ、至福なり♪

|

« 平塚PartⅡその後 | トップページ | やまとヤマト大和 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/12101175

この記事へのトラックバック一覧です: また平塚:

« 平塚PartⅡその後 | トップページ | やまとヤマト大和 その1 »