« 2006年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2006/12/14

(>_<)

久々にヤな店にあたってしまった。
場所は戸塚駅東側、大踏み切り脇の「バーミヤン」の筋向かいにあるお店。
幸か不幸か店名は失念したが、看板に「満州焼き」とある。
今まで気が付かなかったが、戸塚にもこんな店があったんだなと、期待をもって入店してみた。
しかし・・・主人は最悪のおやじであった。

愛想がないだけならまだ良いが、つっけんどんを通り越して、喧嘩を売ってるのかというような態度だ。
ビンビールをまず頼み、カウンター上のメニューもあったが、他にもあるかな?と短冊メニューを見るため席をたってみたら、そこに書いてありますよ!と不機嫌な一言。
焼き鳥は1本づつでもいいですか?と聞くと、いいけど全部で3本以上なら。何にするか言ってください!と恫喝するような感じで一言。
日本酒のメニューは何種類かあった。その中に「日本酒(コップ)」とありそこに2種類の酒が書かれているので、お酒でコップの○○(酒の名前)というのを・・・。と言うとコップじゃなくてこれでだすんだけど!と小さなチロリをみせる。出し方はなんでもいいけど、メニューにコップとわざわざかいてあるから正確に言っただけだろうに。
焼きあがった焼き鳥ののった皿なんかは「ほれ!」と言わんばかりに、そっぽを向いてカウンター越しに手渡してくる・・・(涙)
とにかく終始、客を客と思わないふてぶてしい態度だ。
焼き鳥を食べ終わるとみるや、片付けますよとさっさと皿を片付ける。
すかさずお勘定!とこちらもさっさとお暇してきた。これ以上いると本当に喧嘩してしまいそうだ!

店の造りはほどよく古びているし、燗も、胴部の温水槽に巡らした蛇管の中を酒が流れるうちに燗ができる仕組みの酒燗器があるし、チロリで出だされるスタイルも良い。しかし、このおやじの態度ですべては台無しである。
まったくまずい焼き鳥と酒を呑んだものだ。残念。。。

(一部、後に思い出して追記してます。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年12月 »