« cove | トップページ | 西島光雄食堂 »

2008/03/17

八百孝(ふつうのそばや)

平成20年3月11日(火)

この日、「修善寺あたりで昼酒しながらのぶらり旅♪」と言う趣旨で出かけてみました。
修善寺は伊豆箱根鉄道の修善寺駅と、お寺の修善寺や独鈷の湯がある修善寺温泉地域とは、地理的に少々離れています。
我々はまず修善寺の温泉場へアクセスします。
バスを降りてすぐ「修善寺」へお参りするつもりが、途中のお店にひっかかりながらで、たどりつくまで小一時間(笑)
それでもご縁をかついだお賽銭を奉納し、無事お参り終了。
ちょうどお昼です。そばでも食べますか!
修善寺には休日になると行列を作る蕎麦屋や、お上品に盛られたもりそばが1000円するお店やらいろいろあります。
しかし準地元民としては普通でいいのです。
竹林の小径のそば(側)にあるそばやさん(笑)八百孝へ入店しましょう。
値段は普通で安心です。さらにメニューのネーミングはユニークなものもあります。
うちの煮込みうどんとか、油揚げと天かすが入った、化かしあい。梅干とわかめが入った、梅太郎など。
名前に惹かれたわけでもありませんが、ぽんこは梅太郎そば、小生は化かしあいそばをそれぞれ注文。これにビールを1本♪本当は2本くらい呑みたかったのですが、もう一軒行って見たいお店があるので、これにてお暇。
ホワイトボードにはつまみのメニューがずらりとあったので、夜は♪♪気分かもしれませんねぇ。
今度は居酒屋タイムに来たいものです!

さて次にお目当てのお店はさらに西へ向かい、柳生の庄のちょいと先にある酒屋さんの松屋商店がやっているお店で「まつ家」
しかーし!なんと定休日でした。。。
もっと昼酒を楽しみたかったのですが、温泉場でもう少し観光客気分を味わい、その後修善寺駅前へ移動して、一杯やることにしました。

|

« cove | トップページ | 西島光雄食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/40489407

この記事へのトラックバック一覧です: 八百孝(ふつうのそばや):

« cove | トップページ | 西島光雄食堂 »