« 2008年11月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/01/13

こうの

平成21年1月5日

「無限庵」を出てからまた三島の町を歩きます。ふと路地に入ると「裏庭(うらば)」という看板発見。近づいてみますと焼き鳥屋さんですね。こんな路地にあるとは。ちょうど近所のおやじさんが声をかけてきたので、ついでにこのお店について尋ねてみました。開店は5時くらいからで、明け方近くまで営業するそうです。夜中からは近くのお店がはねてからいらっしゃる同業の方々でにぎわうらしいです。勿論一般の方もいらっしゃるので、今度の機会に入ってみましょう。
車ではなかなか気がつかないこうした発見は面白いです。

さて足はいつしか三島のランドマーク的存在、マークザタワーへでました。一階はマックスバリューというスーパーです。ここでトイレを拝借して通りへ戻ると、目の前にある居酒屋「こうの」が目にはいりました。久しく行ってませんでしたね。どうしようかな?なんて思ってましたが気がつくと入店してました!(笑)

基本は酒屋さんなんですが、その脇の細い通路をはいるとそこは居酒屋となっているのです。
ディープなお店です。
角打ちのお店と言ってもいいいかも知れません。
酒屋さんの方はシャッターが下りていたので、お休みかなと思ったら、ちゃんと居酒屋の看板が通りにでてました。しかしこの看板を見ただけでは、知らないひとはヒジョーに入りにくいかと思います。実際お客さんは地元のお父さんや、ご近所のお母さんたちがメインではないでしょうか?
小生は何回かは来ているのですが、忘れたころにやってくるので顔を覚えてくれてはいないかな・・・と思ったら初めてじゃないでしょ?とお店のお母さん。なんとなくでも覚えてくれていたんですね。このお母さんはちょっとした美人顔です。あ、それはまぁいいか・・・(^^ゞ
前回だったか前々回だたかここでお会いしたおじさんさんとは、修善寺のお店で再会したりした、そんな小さな出来事もあります。

さて焼酎のお茶割りとしらすおろしを頼み、しばしこうのタイムを過ごしましょう。
店内はカウンターと横長のテーブル席がある細長い作りで、以前はこのテーブル席の部分が小上がりになっていたのですが、このテーブル席の方が座りやすいですね。そして店内は綺麗とは言えません。ディープですから!
先にいらした近所のお母さんが出て行くとお客さんはだれもいなくなりました。
「さっきまでみんないたんだけどね。料理もこれから作ろうかと思って・・・」
カウンターにはいつも大皿にのったその日のメニューが数種類乗っているのですが、きょうはさげられた皿類が積まれてます。それを洗いながら話をしてくれ、小生はなんとなく聞き手にまわりながらお茶割りをいただきます。
「シャッターが下りているからお休みかと思いました。」
「酒屋の方は最近あまりやってないのよ。問屋さんがくるけど仕入れしてないし、品揃えも悪いからシャッターを下ろしてるの。」
「・・・そうなんですか。」
お母さんのしゃべり方はちゃきちゃきしてますが、なんかまったりします。ディープだから?

やがてぽんこから用事が済んだとの電話がはいり、そろそろお暇です。
帰りにカレンダーがいっぱいあるから持っていく?といわれ、2つほどいただいてきました。ひとつのは印刷屋さんが電話番号だかを間違ってしまい返品になったものを、100本くらいもらった物だそうです。ま、日付が違ってなければこちらとしては差し支えないですもんね。

外へ出ると三島の町の冬の日がすこうし翳り始めてます。
春はもう少し先ですね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無限庵

平成21年1月5日

三嶋大社でお参りし、軽くいっぱい呑んだあと、ひとり三島の町へ繰り出します。
大社前の通りも、いつもに比べて今日は賑やかですね。
小腹も空いているので蕎麦でも手繰ろうかと思ってますが、大社前のお店はこの時期混雑して落ち着かないかなと思い、本町から三島駅方向へ歩きます。
この駅への通りは車の流れは多いのですが、両側の商店は少し寂しげで、シャッターが下りたままのお店もちらほらと。もっとこのあたりが活性化してくれると、三島もさらに元気になるのでしょうけど。今、各地の商店街で同様の現象がみられますが、画期的な打開策はないものでしょうか?
しかしそんな中でも頑張っているお蕎麦屋さん、手打ち蕎麦の「無限庵」へ行ってみました。たしか3度目の訪問です。
店内は左手に小上がりがあり、テーブル席は3卓(4卓?)あります。入ってすぐの席へすわり、まづはお酒を燗で頼みます。日本酒は何種類かそろっていますが、特に指定しませんでした。ふつうのくださいといいましたが、どうも久保田みたいです。ほどなく運ばれたお盆にはとっくりとおちょこと一緒に3種の小鉢がついてます。これはなんか嬉しいですね。冷奴、塩辛、こんぶ煮。V6010054_2
後で勘定を計算してみましたが、どうもサービスっぽいですよ!
さて人ごごちついたので、にしん煮を頼んでみました。単品で350円。手頃です、ってか安いですよね?
お酒と一緒に運ばれた3品で十分アテになるのですが、このお店のお奨め品らしいので、食べてみましょう。
既に煮込まれている様で、すかさず運ばれてきましたのでこちらもすかさず一口。ほー。身欠にしんなんでしょうが、やわらかく煮てあり、味付けもちょうどいいですね。真ん中に添えられたわさびおろしがアクセントです。これならお酒が何杯でもいけそうですよぉ(笑)V6010056

しかしまだ日も高いので、もう一本だけ追加してもり蕎麦を注文しました。
さてさてお蕎麦ですが、ツナギは多めかも??蕎麦の好みは人によりいろいろうるさいですが、小生としてはもうちょっとシコシコ、ツルツルの方が好きかな。でもにしんを肴に盃を傾けに、また来たいお店ですね。

勘定は締めて2150円。もりが600円ですから、お酒は1本600円となりますね。

余談ですがここのおやじさんとは向かいにある「富士焼鳥店」でご一緒したことがありました。この日は奥で仕事をしていらしたので、言葉をかわすことはなかったですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣

平成21年1月5日

やっと仕事がひと段落してこの日は、ぽんこと二人で三嶋大社へ初詣です。
もう大分人出も少なくなったかな、と思って出てきましたが、あにはからんや大そうな人です。
でも閑散とした神社で初詣も寂しいので、やっぱり賑やかなのはいいですね。
兎に角神様にお参りをと神殿へ進み、新年のご挨拶と今年の無病息災、商売繁盛、家内安全、大願成就、交通安全・・・を心ばかりのお賽銭でお願いしました(^^ゞ・・・欲張りすぎてご利益あるかな?
その後お守りを求めたり、おみくじをひいたりして今年の運勢も占ってみましたが、結果は・・・♪

さてお参りを済ませればお次はやっぱり・・・(^o^)/
露店商も沢山出ていますねぇ・・・(^-^)
まづは大社前の酒屋さんへ行って缶ビールを調達してきます。
この時期は商店街で買い物をすると「みしま 招福」と書かれた袋をいただけます。中身は5円玉で、紅白のよった紐が結んであります。昨年も頂きましたが、なんかこうしたちょっとした心遣いが泣けますよね。

さてつまみは露店でドネルケバブとたこ焼きを買い、境内の神池のほとりに陣取りカンパイ!今年最初の屋外宴会です。とはいえ、ぽんこはこれから所用でまだ車の運転があり、お預けですが・・・(^^ゞ
昨年の桜の頃、やはりこのあたりで小宴会をしましたが、真昼の屋外宴会はやはり楽しいですものです。第二弾としては2月にある富士市の毘沙門天祭を目論んでますが・・・(笑)

さてこの日は軽く呑みたべしてお開きとし、ぽんこは車で移動。小生は少し三島の町をぶらつきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年4月 »