« 三島散策 ~ピカパウ~ | トップページ | 「末広」ふたたび »

2009/07/10

新生 「三楽」へ

平成21年6月23日(火)

「ピカパウ」を後にして、またもぶらぶら散歩。
一旦三島駅まで行き、広小路方面へ戻ります。
久しぶりに源兵衛川の中の歩道を歩いていると、親娘連れの方が、何か食べながら歩いてきましたよ。
見れば焼鳥です。
どうやら三楽で2,3本買ってきたんでしょう。
時刻も午後5時をまわってます。4時30分開店のはずですから、丁度良いですね。
新装開店してからは、まだお邪魔してません。ちょっと寄っていきましょう♪

1階の間取りは以前と大きく変わっていない感じです。入り口の引き戸を開けていざ入店。
左側にあるカウンターも健在で、席数は以前の倍くらい。10人くらいはすわれるかな?
テーブル席は4人卓のものが入り口から3つ。その奥に6人卓がひとつ。以前は昭和な食堂用のテーブルが5,6卓あったような気がします。
右側の小上がりも健在で、8人卓が3,4卓あった・・・かな?
掘りごたつ式なので、しびれることなく寛げそうです。

さて入り口すぐのテーブルに陣取ります。隣のテーブルではすでにおじ様方がいらっしゃいます。
まづは瓶ビールを1本と、シロ、カシラをたれで、タン、なんこつを塩でそれぞれ1本づつ頼みます。
これから利ちゃん夫妻と本番になるので、0次会その2でもあり、控えめです(^^ゞ

しかし誠に残念なことですが、あのおかまちゃんがいなくなってちょっと寂しいですね。
今はおかあさんと息子さんががんばっています。
でも焼鳥は以前と同様で、玉ねぎがちょこんと挟まっているスタイルで、値段も1本100円。
庶民派は受け継がれたみたいです。
しかも、無料お通しの大根の漬物も健在でした。

その後ぞくぞくお客さんもいらっしゃり、たちまち満席近くになりました。
小生はホッピーを追加。厨房に鎮座するリーチンでしっかりジョッキも冷やされています。ただレモンの薄切りが入ってきます。やはりホッピーの香りが消えてしまうので、取り除いちゃいましたが・・・。

さて今日は様子見って感じで、早々会計としました。
ちょうどカップルの方が引き戸を開けて中を覗いて、いっぱいだなぁ・・・と言う感じで入店を躊躇してたので、今空きますよ、と声をかけてあげました。
初めて見えられる方たちのようです。

「三楽」の再興はやはり嬉しいですね♪


写真の焼鳥の奥にあるのは、折紙の提灯。(野々山紙店にて購入)
V6010162

|

« 三島散策 ~ピカパウ~ | トップページ | 「末広」ふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/45525648

この記事へのトラックバック一覧です: 新生 「三楽」へ:

« 三島散策 ~ピカパウ~ | トップページ | 「末広」ふたたび »