« 新生 「三楽」へ | トップページ | こいさん »

2009/07/10

「末広」ふたたび

平成21年6月23日(火)

さてさて三島のんべぇツアー。
本日は利ちゃん夫妻と小生の嫁さんの4人で楽しみます。
待ち合わせは「末広」。
ただ小生たちはすでに0次会を2回もすませています(笑)
待ち合わせの時刻より30分ほど早く「末広」入りしたので、
カウンターで呑みながら1次会ダッシュワンをしながら、利ちゃんたちを待つことにします。

お店にはいるとお母さんが出迎えてくれましたが、あって感じでなんとなく覚えていてくれた様子です。
今日はカウンターに2人と、小上がりの奥で2,3人の方がいらっしゃいます。
小生達はカウンターの真ん中あたりへ陣取り、ビールを頼みます。
肴はどうしようかなっと壁の短冊メニューをみると、湯豆腐がなくなってますよぉ。
前回も頼んだのですが、ガスコンロの上に小さな土鍋を置き、豆腐と白菜が入ってしかも350円という小憎らしい1品。
この店のコストパフォーマンス第一ではないかな?と思わせる品です。
でももう暑い季節なので、あるかなぁと思ってましたがやっぱり・・・(>_<)
湯豆腐ってなんか夏でも食べたくなるんですよねぇ。食べたかったなぁ。残念だなぁ・・・。
でもまた秋頃にでも期待しましょうね。

というわけで、マグロのお刺身と目刺をお願いし、
ビールを呑みながら、のんびり利ちゃんたちを待ちます。


程なくして利ちゃん夫婦も見えて、小上がりへ移動。
生ビールを4つお願いして、久々の再会にカンパイ!!うまいですね♪
さて利ちゃんも肴を頼もうとして最初に言ったのが・・・
「湯豆腐にしようか?」
やっぱり!ね、ここで湯豆腐食べたいですよね?
んーお母さん、お願い。1年中湯豆腐たべさせてぇ~(笑)

ま、ないものは仕方ないので数品お願いして、しばし歓談です。
小上がりにいるとカウンターとは違う雰囲気ですね。なーんかちょっとした小料理屋にいる感じです。
末広のそんな楽しみ方もいいですね。

さて、話も弾みひとしきり。んじゃそろそろ次に行ってみますか。
週2,3回は通いたいお店ですが、地理的に無理なのが悲しい現実です。。。

ご馳走様。

|

« 新生 「三楽」へ | トップページ | こいさん »

コメント

ご無沙汰してます。
先日、「末広」行ってみましたよ。
実によい酒場です、
こちらのブログにあった「高砂なき後は末広...」と言うフレーズに納得しました。
お通しが無いのですが、これはすっきりしていていいですね。
帰り際に気づきましたがカウンターのお客さんがビックコミック見てました。
居酒屋にビックコミックがあるのがちょっと不思議でしたが、
次回はカウンターで「三丁目の夕日」を見ながら好き勝手に飲むのだと思ってます。

投稿: つくね | 2009/12/04 16:58

つくね様、ご無沙汰です。
「末広」行かれたんですね。
お通しは、その値段の割には良いものが出ないお店が多いので、小生としてはない方がかえっていいかなぁ?
漫画や小説を読みながらのゆったり呑みタイム、あるいは、なーにも考えないで頭をカラにしていく、ボーッな時間♪小上がりで仲間と楽しむ、わいわいな時間・・・。
末広ワールドはいろいろと楽しめそうですね♪
カウンターで「三丁目の夕日」を見ながらなんて、素敵な時間が過ごせそうですねぇ。。。
呑んべぇそれぞれの世界は、誰にも邪魔させません(爆)!

投稿: むー | 2009/12/05 00:12

末広行って来ました! むーさん絶賛の湯豆腐も食べました。一人鍋なんて贅沢なひと時でした。むーさんのお話も出ましたよ。マスターもオカミサンも話好きな良い方ですね。

ブログにも載せましたし、しばらく通いそうです。

ただ、残念なお知らせ。こちらの末広さんですが今年一杯でお店を閉められるそうです(正確には12/29)

「売上の低迷と体力の限界だそうです」

残念です。。( TДT)

投稿: 野良 | 2011/02/18 13:28

野良さん、コメントありがとうございます。
「末広」みたいなお店は大好きなんですが、また灯が消えるんですね。
そろそろやめるかもとは聞いていましたが、
「高砂」に続いてのショックですよ・・・(ToT)

ところでここの湯豆腐はコスト&パフォーマンスはあるかと思います。
実は小生、隠れ?湯豆腐マニアなんですよ(笑)

投稿: むー | 2011/02/18 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/45585850

この記事へのトラックバック一覧です: 「末広」ふたたび:

« 新生 「三楽」へ | トップページ | こいさん »