« 庶民の料亭?「花や」 | トップページ | 《初秋の三島》 「海幸」に挑戦 »

2010/09/24

《初秋の三島》 まずは「魚がし鮨」から・・・

平成22年9月21日 (火)

夏も終わりっという彼岸に入ったこの日、それでもまだまだ暑いのが、小生には嬉しい。
妻と2人で、行く夏を惜しみながら、きょうは三島で呑んだくれましょう。

ちょっと寿司でもつまんでみたいな、という訳でまずは三島駅北のアスティー内にある
「魚がし鮨」へ入店です。
時刻は午後2時を少しまわったころで、お客さんはまばらですね。
奥のテーブル席へついて、メニューとにらめっこ。
14時から始まる、ほろ酔いセット(450円)がお得のようですね。
飲み物はキリンの淡麗の中ジョッキか日本酒を選べ、小鉢がつきます。
というわけで、淡麗でカンパイ。
この日の小鉢は磯もの(※)だったので、さらに得した気分。
小粒ながら7,8個はあったでしょうか。

さて、お寿司はコハダ4カン、生ホッキ2カン、生サバ2カンを注文。
う~ん、生サバが旨いです!関サバではないでしょうが、
締めることなく食せるとは、むむっ、やるな!って感じです(笑)

コハダ2カン、生サバ3カンを追加。ビールとお酒もついかー!
生サバのハラモも1カンだけでしたが乗ってきて、これが馬鹿ウマでした。
次回は「生サバ、ハラモで♪」なんて注文してみようかな?

P1000089_2


ちなみにお酒類の単品を注文すると、小鉢(300円)がお通しとして付くようですが、お通しカットも出来ます!


(※)磯もの:正式名は「くぼがい」。「いいっこ」などの愛称で呼ばれる小さな巻貝。P1000083

|

« 庶民の料亭?「花や」 | トップページ | 《初秋の三島》 「海幸」に挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77393/49536892

この記事へのトラックバック一覧です: 《初秋の三島》 まずは「魚がし鮨」から・・・:

« 庶民の料亭?「花や」 | トップページ | 《初秋の三島》 「海幸」に挑戦 »