« 2014年2月 | トップページ | 2014年7月 »

2014/04/21

「鉄」が考えた近場旅

平成26年4月16日(水)

最近忙しかったなぁ。
ちょっと旅行にでも行きたいけど、それほど時間もなく、フトコロも・・・。
うん、それではっと。
ちょっと面白い企画でも考えましょうね。

クロスシート(窓に対して直角に配置されている座席)の車両に乗って、駅弁を食べながら缶ビールを呑み、流れる景色を楽しむ♪なんて理想的な列車旅。
静岡東部地区で実現できるとすれば、熱海以東の東海道線か、伊豆急行線。
御殿場線でもできるかな?
そして実は、伊豆箱根鉄道駿豆線でもそれは出来るのです!

という訳で、今回は妻と二人で伊豆箱根鉄道駿豆線で、列車呑み企画ですよぉ。

天気はまずまず。
三島市中央町の24時間おいても500円という太っ腹な駐車場に車を置いて、
三島田町駅へと急ぎます。
早速ここで駿豆線の1日乗車券を購入。

Dcim0128

スタンプラリーも開催していたので、それへも参加。
ささ、まずは三島駅へ移動しましょう。
最初の列車は1300系。これはロングシートの通勤型?になります。
三島までの移動手段ですので、ここでは車両のこだわりはありません。
三島駅でいったん改札をでて、桃中軒の駅弁を物色します。
妻は鯛飯を所望していたのですが、残念ながら売り切れ!人気あるんでしょうね。
それではと幕の内を1つ購入。
さていよいよなんですが、実は先ほど三島に到着した時、某駅の駅員をしているTクンとばったり。
どうやら夜勤明けらしく、大分お疲れモード。ちょっとお話しして彼はいずっぱこの人となったのですが、ここで思わぬメールが!
「次、7000系が行きますよ」とな。
おお素晴らしい情報。
転換式クロスシート、しかもバケットタイプの7000系が来るまで、三島で待つつもりだったのですが、これで安心しての再入場。
先発の1300系を横目に、7000系へ乗り込みます。
夜勤明けで座るなり居眠りするだろうと思っていた、Tクン。
おそらく田町での交換まで、ちゃーんと起きていて、情報をながしてくれました。
やっぱ持つべきは鉄友ですね。思わず歌っちゃいました。
「なんでだろう、なんでだろう♪」
ってそれ、テツ&トモですから!!

Dcim0132

やっぱりこの車内。旅情をかきたてますよね。
P4161723

まだ発車前ですが、取り合えず乾杯し出発時刻までしばし待ちます。

Dcim0134

開封を待つ、駅弁くん。

Dcim0135

して、11時54分。三島出発直後待望の開封!!
これこれ。旅気分全開ですよ。

Dcim0136

駅弁食べながら、缶ビール(発泡酒ですが・・・(^^ゞ)を呑み、
流れる景色を楽しむ。しばし、遠い異国での旅情を感じてますです。
とはいえ、30分は早いですね。
ほどなく修善寺。
ここで時刻表を見てみると、5分後に踊り子号がでますね。
せっかくです。これに乗りましょう。
いったん改札をでて、スタンプラリーのハンコをもらい、売店でビールを買いたして、
大急ぎで再びホームへ!
東京行き踊り子号も駿豆線内は普通車として運用しているので、三島までならこの乗車券で乗れるんですね。
JRの特急車両に乗って、ますます気分は旅人です。

P4161744_3

三島までまたまた移動して、今度は3000系で大場まで移動します。
ちょっと大場に用事があったので・・・。
10分ほどで用事は済み、修善寺行きの踊り子号がくるので、
思わずそれに乗りました(爆)!

Dcim0146

いやいや、すっかり堪能しましたね。
ちょいと修善寺駅前をぶらぶらしてから、駅へ戻ります。
次の列車で田町へ戻って、三島の町ぶらも楽しみましょうね。
運よく、7000系の入線です。ついてますね♪
ビールもきちんと呑んでます!(笑)

Dcim0148

なんだか30分ごとの乗り換えで、ばたばたしちゃった感がありますが、
それでも乗り鉄としては楽しい時間でした。
ビールと列車と駅弁と。
次回は7000系に乗りっぱなしで2~3往復!なんてのもありかもですね。

ちなみにこの日は車では帰れないので、三島で一泊です。。。

参考サイト:「いずはこにょ鉄道
       「伊豆箱根鉄道 駿豆線 大雄山線

ありがとうございました。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年7月 »