« 2014年4月 | トップページ | 2014年9月 »

2014/07/16

静岡 串揚げの「松葉」経由「多可能」で〆

平成26年7月2日(水)

佐藤酒店を出たのが8時ころ。
まだまだ宵の口ですね。
何かで知るところとなった、「松葉」というお店へ行ってみましょう。
ここは串揚げがメインみたいなので、「七福」でありつけなかった、
ハスのフライが食べられそうですよ。

場所は呉服町と両替町の間の、呑み屋さんがひしめく通り沿い。
ありました、ありました!
お初の入店となります。

P7023004

店内は賑やかで、カウンターには2組4,5名の方たち。
その後ろのテーブル席は3卓ほどありましたが、10名ほどのグループの人たちが盛り上がってます。どうやら合コンのようですね。楽しそう♪
奥の座敷も15,6人の方たちの宴会です。
小生たちはカウンターの一番奥に陣取ります。

呑み物はビンビール、串揚げを数種類とねぎヌタを注文。
まづビールと共にキャベツと、ソースポットにはいったソースが運ばれてきました。
いかにも串揚げ屋さんっぽいですね。

P7022988

ややして、串揚げも出来上がりました。
目の前が揚げ場なので、カウンター越しに直接渡してくれます。
ハス以外は何をたのだか失念しましたが、あつあつで旨いに決まってます!

P7022993

ただこのソース、かけて食べるのか、ポットに直接浸して食べるのか、
ここの流儀がわかりません。
聞けばよかったのですが、結局ポットに浸して食べる方が食べやすかったです。

ビールも串カツも追加し、腹も落ち着いてきましたね。
店内のカウンターの画像です。

P7023002

小生的にはこのお店、これといった特徴は感じないのですが、気軽に利用できますね。
そういえばこの辺で串揚げを食べられるお店では「八千代」や、
ちょっと歩きますが「角屋」なんかも好きだななぁ。

ところで静岡で代表的な居酒屋さんといえば「多可能」でしょうか?
今日の〆に行っておきましょう。
ちょうちんの明かりは落ちてましたが、のれんはまだ出ています。
閉店まで1時間ちょっと。
長居はしないつもりでしたので、それを承知で空いていたカウンターに席をとります。
奥の座敷も入口のテーブルも、ほぼ満席状態ですね。

小生は萩錦、妻はチューハイ。
お通しにゆでピーナッツがでてきました。
殻付きならゆで落花生ですが、殻なしだとピーナッツって感じですね。

P7023005_2

さてつまみは何にしましょう。
壁のメニューです。(相変わらずブレ気味ですが(^^ゞ)

P7023010_2

そうですねぇ・・・ポテトサラダと桜エビのかき揚げにしましょう。

P7023006_2

P7023014_2

閉店間際ですが、まだまだお店は賑やかです。
そろそろメーターも上がってきてますので、
お酒もつまみもお代わりすることなく、我々はこれにてお暇しましょう。

いやいや、ほんとに久しぶりの清水、静岡でしたが、
楽しゅうございました。
出来れば月一くらい来れればいいのに・・・>_<

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/07/10

静岡駅南 佐藤酒店で呑む

平成26年7月2日(水)

新清水から静鉄に乗り、新静岡駅1こ手前の日吉駅で下車。
静岡駅南にある酒屋さんを目指します。
ってことは、そう!角打ち。
と言っても、ほぼ角打ちでしてお店の奥にテーブルがあって、
居酒屋さん形式のお店になります。
ここは知人からの情報で知るところとなったのですが、
三島で言えば「やごみ」「つちや」が一番近い感じですね。
でもお酒はお店の冷蔵庫から自分で選んで持ってこれるところは、
佐藤酒店に1本ありです(笑)

P7022953

静岡駅南口から歩いて数分のところに、
こんな素敵なお店があったとは、嬉しいですね。
早速入店しましょう。
入るとまずは酒屋さんの店内。
そこを通って奥の居酒屋コーナーへ。

10人がけという、大きな木のテーブルは2つ。
入口すぐに3さんと、奥側のテーブルに2さんが楽しく呑んでらっしゃいます。
お店の方は若主人?とその奥さん?と大女将?とさらに奥にある厨房に大旦那?
で切り盛りしている、と捉えたのですが、どうなんでしょう??ま、いずれにしても4人位のかたがいらっしゃいました。

小生たちは手前のテーブルに陣取り、早速ビールを取りにお店側へ。
呑みものは壁に地酒のメニューもあります。

P7022955

つまみは乾き物なら酒屋さん店内にて。
料理系なら壁にあるメニューから選びます。
ただし個別に値段表記はなく、
「おつまみ 350円~700円」とだけ書かれていました。

P7022960

さてと、食べましょう!
まづはコハダに海つぼ。

P7022956

P7022957

もつカレー。某元祖より妻は好みの様でした。

P7022962

せっかくなので、地酒を1杯。

P7022966

「波(は)」っていうのです。

P7022965

店内のなんとなくの感じ・・・。

P7022968

そしてここでの〆は、砂肝のキャベツいため。

P7022979

呑み物はビンビール(大)とロング缶、お酒1杯。
以上で3700円でした。ご馳走様。

静岡に来た時は、また来ましょう♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

清水 「七福」  9年ぶり?!の再訪

平成26年7月2日(水)

豪華客船 「オーシャンドリーム」を見学後、
シャトルバスで清水駅へ移動。
商店街を新清水駅方面へぶらぶら歩きます。
七夕祭り直前で、飾りつけが半分ほど出来ていましたが、
通りに人は・・・いませんねぇ。ちょっと寂しい。

さて今日はどこへ行きましょうか?
「金の字」でモツカレーもありなんですが、何年ぶりかになる「七福」が気になります。
小生はたしか3回、妻は1回きています。

という訳で「七福」を探しますが、たしかここら辺・・・に店がない!
まさか閉店?
近くのお肉屋さんで聞くと、「すぐそこですよ。」
と店の前ままで出てきて指をさして教えていただきました。
が、しかし。あの赤ちょうちんがない!
時刻は5時を少しまわっています。
・・・おかしなぁ。つまと二人でうろうろ、うろうろ。
小生がかなり遠くまで探しにいっていると妻から、「あったよ~!」と携帯へ。
なんでもシャッターが下りていて、いま開いたところらしい。
それじゃ、分からなかったわけです!
同時におふたり連れ(男女)のご常連さんも入店したとのことで、
まだのれんも出ていない店内へ。
んー実に8,9年ぶりの入店です。
大将が忙しく開店準備中。なんでも遅刻したらしいですよ(笑)
炭火の準備がまづなされ、のれん、ちょうちんと準備がすすみます。

店内は相変わらずのすすけた壁やカウンター。
この雰囲気は、平塚の「柴善」に通づるところがありますね。
そういえば、「芝善」もすっかりご無沙汰してるなぁ・・・。

P7022936

とりあえづ呑みものを注文しておきます。われわれはビンビール。
焼き物は・・・「2本づつで・・・」と言いかけると、
「あ、4本づつになります。」と大将。
ああ、そういえばそんなルールもあったかな?なにしろ9年ぶりですから(^^ゞ
「あ、ではモツとタンで。」
「モツはたれ、タンは塩でいいですね?」
「はい!」
「あとフライはできますか?」
「ちょっとすぐには・・・」
という訳で、まづは以上です。

ややしてビールが到着。
焼き台では、お先のご常連さんの焼き鳥が焼かれてます。
1人前づつ焼いているので、ちょっと時間がかかりますね。
なんだかゆっくりした時間が流れているんです。
そうこうしてるうちに次々お客さんが入店していますよ。
どなたも御常連ですね。

ここで、煮込みがすぐできそうだったので追加!

P7022941

大根やこんにゃくなどは入ってなく、モツのみで白味噌仕立ての煮込みです。

我々の焼き物も1種類づつ届きます。
小ぶりなんで、ぺろりです。
ビールももう一本追加。

P7022950

本当はハスのフライとか食べたかったのですが、
まだまだ時間がかかりそうだったので、
この後を考えて、これにてお暇とします。
ちょっと残念でしたが、また来ましょう。
もう少し遅い時間に入店する方が、いいかもしれませんね。
4時に「金の字」。6時近くに「七福」なんてコースで。。。

P7022952


| | コメント (4) | トラックバック (0)

豪華客船見学会・・・と、ちょい呑み

平成26年7月2日(水)

清水港にやってきた、豪華客船 ピースボート「オーシャンドリーム」。
妻と二人で船内見学会に参加してきました。
ま、せっかくの清水。
「呑み」の設定もぬかりなしですよ(笑)

まづは新清水駅前。時刻は午後12時20分ころ。
ここからカラフルな無料シャトルバスでドリームプラザへ移動します。

P7022811

さて腹ごしらえですね。
ドリプラ内のお店で、お寿司を少々と丸い揚げかまぼこに缶ビールを調達し、
ヨットハーバーに面した外デッキにて、最初の乾杯です!

P7022812

ここを勝手にビアガーデン化し、日がな呑んでるのもいいかも(^^ゞ
この日は天気はまぁまぁ。ゆる~い風があって、絶好のビール日和でした。

さてそれではいよいよオーシャンドリーム号へ乗船してみましょう。
やはりでっかい!

P7022835

専用デッキのついた、いっちゃん高い部屋!

P7022843

誰か招待してくれないかなぁ・・・。

さて船内では飲食物の持ち込み不可で、船内で食事はできないとあったので、
船上でのいっぱいは諦めていたのですが、1か所だけ飲み物を販売しているところがありました。
なーんだ。早く言ってよ!!
ってんで早速ビールをいただきましょう。
日本の缶ビール2種と、バドワイザーと、ペルーのビール。そのほかソフトドリンクも何種かありました。
日本のビールはどこでも呑めますからと、妻はバドワイザー。小生はペルーのなんとかいうビールにしてみました。どちらも400円。
プール脇の窓際の席で、2度目の乾杯。

P7022866

ペルーのそれは黒ビールで、少々甘めですね。2本は呑めない感じです。
やっぱ呑みなれた日本のビールが美味しいか?!

船内に戻るとステージでショータイムが催されていたので観覧し、
その後はテーブルナフキン講座に参加したりと、
ゆっくりと豪華客船見学も楽しみました。
時間もいい頃あい。そろそろ次なるイベントへ移りますか!

つづく・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年9月 »