« 2014年10月 | トップページ

2015/03/07

コップ酒 池田屋

平成27年2月27日(金)

妻と二人での吉原はしご酒もいよいよクライマックス。
ずーーーーーと来てみたかったお店です。
情報提供はこのブログにコメントをいただいた、
「吉原在住」さんです。

「酒場いちかわ」からさらに西へ歩き、吉原中央駅の交差点を右斜め方向へ行った所。
車では何度か通っていたのですが、気づきませんでした。

P2274767

ここが居酒屋ですよと、
実は自動販売機付近にひっそりと、ヒントがありました(^^ゞ

P2274770

P2274771

P2274796

早速入店しましょうね。時刻は午後4時を少しまわったところです。
引き戸をあけると、こじんまりした、かなり奇麗な店内です。
ちょっと薄暗く古びたテーブルで、
寡黙な親父さんたちがコップを傾けている・・・
なんて的外れなことを想像していました。

第一印象は清水町の「つちや酒店」を連想しました。

お店の人は奥にいらっしゃるみたいで、店内はからっぽ。
声をかけましたが、すぐには出てこなかったので、
早速の盗撮タイムとなりました(笑)

P2274773

P2274781

P2274775

P2274777

その日の料理がカウンターにあり、おでんや、冷蔵庫にはお刺身類。
このスタイルは高砂と一緒ですね。

P2274774

P2274779

P2274780_2

間もなく奥から奥さんが出てきました。(シャレじゃないですよ。)
初めてであることを告げます。(尤も見かけない顔なので、わかるでしょうが。)
カウンターにしようかと思いましたが、奥のテーブルをすすめられます。
カウンターはおそらく常連さんたちで、埋まるのでしょうね。

例によって瓶ビールからのスタートです。
料理は、イルカの煮物、ぎょうざ、いわし天ぷら。
イルカは久しぶりに食べます。

P2274784

ぎょうざは羽根つき。

P2274785

いわしは抹茶塩でいただきます。
カラッって感じではないですが、アツアツでうんまいです。
魚の天ぷらもひっさしぶりですねぇ。

P2274787

さて今日は未解禁だった、日本酒をそろそろいきましょうか。
銘柄はいくつか揃っています。
一番お手頃な「若竹」をぬる燗でいただきます。一合280円也。

P2274788

さて、串揚げをいってみましょう!
レンコン3ケ、黒はんぺん、ちくわになす・・・だったかな?

P2274791

筒型の容器にソースが入っていて、それにつけていただきます。
関西風ですね。もちろん2度づけ禁止!
たっぷりとつけていただきましょうね♪
わたくし事ですが、レンコン大好きなんです(^^ゞ

P2274795

しかしここで串揚げを食べられるとは、嬉しいです。
ビールと串揚げも追加しつつ、池田屋さんをたっぷり楽しみました。
会計は3000円弱でした。

そうそう、カウンターですが滞在中3人のご常連さんがいらしてました。
奥さんと娘さんが接客していましたが、仕事終りにこうして一息いれるのでしょうね。
地元密着型居酒屋さんです。

実は少し前に訪問のチャンスはあったのです。
しかし所要で遅くなり午後8時ころ電話で問い合わせたところ、
今は満席とのこと。
閉店は午後9時ですので、訪問を諦めたことがあります。
恐らくもっと遅くなると、沢山の人が訪れるのでしょうね。

最後になりますが、情報をいただいた「吉原在住」さん、
本当にありがとうございました。

毘沙門天大祭と吉原酒場めぐりはこれにて落着。
これにあと「林酒店」も加われば最強の昼呑み~夕方呑みを楽しめることでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

吉原本町 酒場いちかわ 3度目の正直とは・・・

平成27年2月27日(金)

毘沙門天大祭、吉原本町「まつかや」と続き、
次なるお店は「いちかわ」でしょう(笑)

本日のメインイベント!・・・と言いたいところですが、
実はこの後に控えている初訪問のお店があるのです。
ま、それは後ほど・・・。

さてさて、小生は3度目の訪問となりますが、妻は初訪となります。
相変わらず、入り口はDeepです!(前回ブログ参照)

カウンターには2人のご仁がおられました。
我々は2人だったので、テーブル席を陣取りました。
テーブルは初めてです。
店内は相変わらずの雰囲気。
妻の反応を見てましたが、
高砂(三島:すでに閉店)と芝善(平塚:こちらも閉店)とこうの(三島)、をミックスした感じだね。」
とさすが呑んべぇの妻らしく、すぐにこのDeepさに馴染みます(笑)

店内の盗撮画像をいくつか・・・

P2274756

P2274761

P2274752

まづは例によてビンビール(大)と、煮込みを注文。
煮込みは初訪時は売り切れ、2度目は夏場で仕込みなし。これで3度目ですが、
やっと食べられます。
P2274753

女将さんが「煮込みが少し足りないかな」と言いつつ運んでくれます。
決して濃い味ではないですが、十分な味付け。美味しいですよ♪
余計な話、愛想を振りまく女将さんではないですが、
きちんと接客してくれますです。

ビールを追加して、イレギュラーらしく張り出されていた、
「焼きベーコン」を頼んでみます。
薄いベーコンを焼いたのかな?それとも・・・?と思っていたら、
こんなん出ました!

P2274762

割といけますよ。


全体に画像がブレブレですみませんでした。
何しろ盗撮なもので・・・(^^ゞ

という訳で、いちかわさんもちょい呑みですが、
楽しませてもらいました。
〆て2千円弱。
すでに一人だけになっていたカウンターの先輩にもご挨拶して、
これにてお暇です。また来ます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/03/06

富士吉原本町 「まつかや」でちょい呑み

平成27年2月27日(金)

毘沙門さんを後にして、妻とふたり吉原駅へ戻ります。
勿論?!JRではなく、岳南電車のそれです!!

P2274735

本日目指すは、吉原本町商店街。
毘沙門天大祭のためか、本日は珍しく2両編成の「がくちゃんかぐや富士」。
営業使用では初めての乗車かもしれません。

P2274737

Dcim0026

時刻は14時23分。定刻の発車です。
吉原本町までは2駅。6分たらずで到着です。
乗りたりない気分ですが、今日は町歩きを楽しみましょう♪
という訳で早速吉原本町の商店街を歩きます。

が!これまた間もなく、目指すお店へ到着です(^^ゞ

「まつかや」!!

P2274748

今まで2度ほど立ち寄ったことはありました。
入口付近はファストフードというか、サービスエリアのフードコートというか、
場末の食堂というか、兎に角そんな感じの飲食コーナーです。
ちゃんとランチのメニューもあり、セットでお得な食事も楽しめそうです。

P2274739

奥はよくあるスーパーの総菜コーナーって感じ。
量り売りやパックされた総菜がメインで、
もっと早い時間にはお弁当もあるようです。

P2274743

せっかくです。
今回はビールでも呑みながら、すこうしお惣菜をつまんでみましょう。
「たくわん炒め」と「里芋煮」、それに「ふじがんも」をアテにします。

P2274744

P2274747

会計を済ませて、入口付近のテーブルでビールを呑みながら
試食って感じです。
ちょいと昼呑みにはいいお店かと思いますね。
お店のおばちゃんもいい人でした。。
ただビール中瓶が500円(税別)なので、環境の割にはフツーの値段ですが。
(ビール中瓶、生中ジョッキとも、500円が分水嶺と思ってます。)

P2274738

このあとまだまだ?予定があるので、ここでは軽く済ませます(^^ゞ
きっとまた来ちゃうお店なんだろうなぁ。。。
老舗の魅力が感じられます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/02

富士 毘沙門天大祭でちょい呑み

平成27年2月27日(金)

毎年恒例の「毘沙門天大祭とはしご酒を楽しむ日」がやってきました!
妻と二人、東海道線で吉原へ向かいます。
こうして見ると、このあたりは直線が長いですね。

P2274722

吉原駅着が午前11時を少しまわったところ。
お祭りと言えば露店ですが、お店の数は年々減っているみたいです。
しかし最終日のこの日は天気もよく人出は多かったです。

P2274724

去年のだるまを返し、お参りも済ませ、お待ちかねの時間です(笑)
今年は海岸の堤防で、ピクニックといきましょう。
つまみはじゃがバタとたこ焼き。
毎年列をなしているたこ焼き屋さんがあるのですが、今年も並んでました。
並んでまで・・・ってことで、別のお店の大たこ入りのにしました。
確か以前にも買いましたっけ。

富士山も奇麗に見えていますね。
少し、風が強いのが野暮ですが・・・。

P2274728

2本目はなぜかハイネッケン♪
日本製ですけど・・・。

P2274729

つまみもあっという間に無くなり、20分程で移動開始。
なんか美味しいものないかな?と物色しつつ・・・と!
土手煮の看板のお店発見。
他に串揚げ(カツ)と黒はんぺんフライなんかもあり、
ほとんど居酒屋メニューですね(笑)
適当にみつくろって、そこらの空き地で2次会開始なのだ。
ペースは速いものの、まだ缶ビール2本ですから可愛いものです(^^ゞ

P2274731

忘れちゃならないだるまをきちんと買い、最後にやげん掘のお店へ伺います。
ここも毎年覗くお店。
この露店はまだ若いお兄さんと奥さんで切り盛りしていますが、
お兄さんの口上がうまくてほれぼれしますよ。
寅さんに憧れる小生としては、いつか真似してみたいなぁ、などと思いつつ、
ひとことも覚えられません(>_<)

P2274733


さて毘沙門さんはこれくらいにして、次、いきますか!!
今年は新蒲原の「岩科」が改築中でお休みなので、
吉原本町を経巡ってみたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ