2011/05/27

庚申酒場

平成23年5月21日(土)

巣鴨の商店街へやってきました。ぽんこと一緒です。
天気はまずまず。駅前でせりちゃんと合流。早速商店街めぐりへ。

土曜日で商店街はホコ天で歩きやすいです。
んでも、思ったより年配の方が少ないのかな。
もっとも勝手なイメージですが、やはり土曜日だからでしょうか?

歩き出したのが午後3時少し前だったかな。
通りのお店を1時間ほど経巡っていると、やはり喉が渇きましたね。
庚申塚駅近くの「ときわ食堂」でビールをぐびり♪
大瓶450円は安いです!
そこを皮切りに、モツ焼き「えびす参」や
都電 庚申塚駅構内にある居酒屋「御代家」を楽しみます。
そして時間も頃合となり、お目当てのお店へいざ!
ちなみにせりちゃんのおねえちゃんも合流しまして、小生ハーレム状態(笑)

「庚申酒場」は開店が19時とやや遅め。
時間は19時20分頃でしたが、まだ暖簾は出ていないですね。
それでも「こんばんは~」と店内に入ると、年配のお母さんが出てきて、
気持ちよく迎えてくれました。
ネットで多少情報はえてましたが、お初のお店では勝手が分かりません。
メニューらしいメニューはなく、壁に飲み物だけは書かれていました。
とりあえず3人はホッピーで、ぽんこはビール。
昨日までおでんがあったそうですが、今日は焼鳥とおしんこだけだそうなので、
それを注文し、かんぱーーーい!
おしんこはお母さん手製のぬか漬け。なす、きゅうり、かぶでしたが、
やはりお袋の味っていうのでしょうか、しみじみ旨かったですねぇ。
しかも、カウンター前の炭火で焼かれる焼鳥は絶品!!
焼き始めたなっと思う間もなく、お皿にもられて小生たちの前へ。
早い!
若焼きかと思いきや、ほとんど火は通っててそれが絶妙なタイミングなんですね。
味は塩で頼みましたが、トリ、タン、レバー、砂肝・・・。
適当にみつくろって出てくるのですが、兎に角どれもうまい!!
もしかすると、今までで一番と言っても過言ではないかもしれないですよ!?

お母さんのお話しも楽しく、全くいい時間を過ごせました。
ゼッタイまた来たいお店ですね。
「吉田類」さんの取材もあったお店ですが、お母さんはどうも類さんファンみたいでした(笑)
勿論小生もですが・・・。


↓写真、左からお店の入り口、焼き台、店内雰囲気。

P1000067P1000066P1000063

| | コメント (2) | トラックバック (0)