2005/06/21

恵比寿の老舗

平成17年6月20日

縄のれん

家にメールして、恵比寿の立飲み屋さんを検索してもらい、もう1軒寄ってみることにします。
良さそうなお店がでてきましたよ♪老舗のもつ焼き屋さん。
駅の西口から駒沢通りを渡ってすぐ、銀行の裏手に1軒だけ他とは離れた格好でお店があります。縄がいくつもなくなっている縄のれんをくぐって入店です。入ると右手がカウンター、左手にはテーブルが4つほど。しかしこのテーブルはビンケースを重ねて、板を置いただけのもの。いい雰囲気になってます。小生はカウンターの一番奥に陣取ります。店内はいっぱいで、テーブルが1箇所とカウンターではここしか空いてませんでした。
店員さんは下着のシャツ姿のおやじさんと、その奥さん?と息子さん??と3人で切り盛りしてます。

飲み物ですが、この店ではハイボールが一般的みたいです。ビンビールは750円ですから、ちと高いですね。ビールを飲んでいる方はいないようでした。では郷に従いハイボールと、串焼きはたん下、てっぽう、せんまいを頼みます。味付けはここもお任せです。短冊メニューを見ると、品切れのものがどんどん裏返ります。店の雰囲気はちょっと忠弥に似た感じかな?
さらにサシ身は何があるか聞くと、牛、はつ、あと・・・?(忘れた!)があるそうで、ハツを頼みました。
さらに串焼きで、しびれとミックスを追加。ハイボールもお代わり!!
ハイボールはウイスキーではなく、特別のブレンドみたいです。(三ノ輪の遠太や、北千住の永見あたりで呑んだハイボール系かな?下町ハイボール・・・???)しかもココはやかんからそそぎ、炭酸で割っているようです。ハツ刺しも美味しく、焼き物もいい味です。ここはまた来てみたいですね。1800円でした。

V6010049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネオに挑戦

平成17年6月20日

立呑

雑誌に紹介されていた、ネオ立ち飲み屋さん。何軒か紹介されていたのですが、一番気になったのがこの店でした。もちろん古くからの立ち飲み屋さんも気になったお店はありましたが、今回はまづネオをせめてみましょう。
恵比寿駅西口をでて、ほぼ正面の恵比寿銀座通りをしばらく歩いたところにその店はありました。通りからはガラス貼りなので、店内の様子はよくわかります。中央にコの時型(入り口側は長い、角ばったJ型という感じ)のカウンターがあり、何組かの方がすでに楽しんでいました。
さてまづは生ビール(中、400円)を頼みます。他に場所柄かエビスビールがあります。あとはお酒、焼酎、チュウハイ類など400円が多いです。つまみはカウンターにおいてある注文用の紙にかいて頼むシステムです。口で頼むより、時としてはゆっくり考えられるのでいいかもしれません。すじ煮込み、ちれ、しろ、ればを頼みます。
さて煮込みの汁は澄んでいて、塩味なのでしょうか?行ったことはないのですが、白金の鈴木屋の煮込みににているのかもしれません??しかし400円にしては量が少ないです。味はまぁまぁかな。焼き物はまづ、ればがでてきました。ミディアムに焼かれこれはいいですね。続けて、ちれ、しろと出てきましたが、いずれも美味しいかったです。味付けは特に注文してませんが、しろは味噌味っぽいタレ。あとは塩でした。芋焼酎をお湯割で追加して、今日はここまででお勘定です。1560円也。
全体的に値段は気持ち高めです。店員さんは若い男性3人で切り盛りしていて、このあたりがネオっぽいかな?(笑)次回機会があれば、レバ刺しを試したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)